01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪義経ゆかりの神社の藤

2013年 04月25日 22:16 (木)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです!
またまた少しだけ、ご無沙汰しておりました。

突然ですが・・・
本日、このブログも開設6年目に突入しました。
パソコン原始人から進化?を続け、
パソコン弥生人くらいにはなったかな?(笑)

たくさんの方々に見ていただき、
コメントもたくさんいただきました。
皆さまとの交流を通して、
いろいろお勉強もさせていただきました。
これからも皆さまとともに、
楽しくやっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


さてさて、本日の本題です!


先日、以前から気になっていた神社を訪れてみました。
神奈川県・藤沢市にある「白旗神社」です。

義経の首が鎌倉・腰越からこちらの神社付近に
流れ着いたという伝説のある神社です。
「義経?奥州で亡くなったんじゃないの?」
「どうして、藤沢に首が流れ着くの?」

皆さん、疑問に思うでしょう。
私も「なぜ藤沢に義経の首?」と思っていました。
説明すると長くなるので、「白旗神社」のHPから
抜粋した文章をどうぞ!(笑)←手抜きです!
文治5年(1189)閏4月30日、源義経公は兄源頼朝から怒りをかい、追い詰められ、奥州(岩手県)平泉の衣川館において自害されました。その首は奥州から新田冠者高平(にったかじゃたかひら)という者によって鎌倉に送られました。
高平が、腰越の宿(鎌倉市)に到着すると、そこで和田義盛・梶原景時によって義経かどうか確認されました。伝承では、弁慶の首も同時に送られ、夜の間に二つの首は、白旗川を上り、この地に辿り着いたといわれています。このことを頼朝に伝えると、白旗が源氏の旗であったことから、白旗明神としてこの神社に祀るようにと指示しました。こうして義経公を神様として祀ることとなり、のちに白旗神社と呼ばれるようになりました。弁慶の首は、白旗神社のそばに八王子社として祀られることになりました。






そんな伝説のある「白旗神社」には、
<義経藤>と<弁慶藤>があるのです。

弁慶藤は・・・



なかなか綺麗でしたよ!










芭蕉も訪れたのですね!


弁慶藤は、ほぼ満開でしたが、義経藤↓はこれからでした。
この日は4月21日(日曜日)。
今頃はもう少し咲いているかもしれませんね!







さて、GWが近づいてきました。
皆さんは、何か計画がありますか?
メグおばちゃんは・・・ムフフッ!



じゃ、今日はこのへんで・・・







コメントの投稿

非公開コメント