01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪ここは、見逃せない!(静岡・三嶋大社)

2013年 10月28日 17:24 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
昨日、今日と良いお天気で気持ちがいいです。
今週は、お天気の良い日が続くようで、
主婦としては助かります。







「思えばあの日も良いお天気だったぁ~!」

10月13日(日)・14日(月)に出かけた
メグおばちゃんの<湧水の町・三島旅>も
いよいよ最終回となりました。

厳密に言えば、三島市周辺の旅です。

頼朝ゆかりの地を訪ね、
「篤姫」のロケ地を訪れ・・・
湧水の街をお散歩して、
一泊にしては、なかなか盛りだくさんな旅でした。


14日の朝・・・

簡単な朝食を済ませ、
NHK/BSで「ちりとてちん」を観てから、
ホテルをチェックアウト!

三島に来たら、ここだけは・・・の
【三嶋大社】を目指しました!



メグおばちゃんは今回で3回目です。
立派なの神社ですよぉ~!
頼朝も源氏再興を祈願したと言われている由緒ある神社です。

朝8時過ぎ・・・
さすがに観光客は少なく、
地元の方々の姿を多く見かけました。








三嶋大社の鳥居をくぐってすぐ右にある「たたり石」

ろくさん!以前ろくさんのブログ記事で拝見した、
「たたり石」をチェックしましたよ!

ちなみに「たたり石」は祟りとは少々異なります。
詳しくは、三嶋大社のホームページをご参照くださいね!




長い参道を進んで行きます。






本殿です。
1854年に東海地震で崩壊し、
江戸時代末期・1866年に本殿など主要な建築物が
再建されたそうです。






社殿の彫刻は、
完成度・美術的価値ともに突出した作品だそうですよ!






細かい彫刻に見入ってしまいます。











多くの参拝者を迎えるためにお掃除に余念がない巫女さん。



三嶋大社には、美味しい餡子の和菓子があるのですが、
さすがに朝が早いため、お店は開いていませんでした。

参考→


朝の清々しい空気の中、参拝を済ませて、
三嶋大社の裏門になるのでしょうか?
そこからまた、
1時間程度ですが、水辺散歩をしました。




三嶋大社と並行するように流れる<桜川>方面へ・・・









川沿いには、湧水の都・三島を愛した文人たちの三島のことを詠んだ句や
小説の一部が書かれた碑が建てられています。(水辺の文学碑)









民家の庭先に清流が流れています。
この川のお水を専用のバケツで汲み上げて、
お花にあげている女性を見かけました。
ちょっとびっくり・・・
でも、それだけ綺麗で、
この流れが、生活の一部になっているんですね!


短い時間でしたが、
朝の三島散歩を楽しんで、
メグおばちゃんたちは三島市をあとにしたのでした。

あるリーフレットに
「歴史と文化の交差点」
三島市のことが書かれていましたが、
交通の要所(東海道・下田街道・甲州道)の接点)であり、
またいろいろな歴史のある三島・・・
ぴったりのフレーズだと思います。



帰りは箱根の山を越えて・・・



三島市と神奈川県箱根は、意外に近い!






芦ノ湖の赤い鳥居が見えてきました。
まだまだ我が家までは遠いのですが、
「お~っ!アイラブ神奈川、帰ってきたぁ~!」

箱根観光のお客さんのチェックアウトの時間と
いっしょにならないように
急いで箱根から脱出!(笑)

いつもそんな急ぎ足なので、
この日も帰宅は、お昼前でした。



長い長い、私の旅の記録にお付き合い下さいまして、
ありがとうございました。









コメントの投稿

非公開コメント