05月 « 2020年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

♪菜の花と富士山と言えばここ!

2015年 01月26日 17:59 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
本日は寒さが少しゆるんだ横浜です。

さてさて、1月のこの時期、
神奈川県のブロガーさん、カメラマンさんの多くの方が目指す、
二宮町の吾妻山!

こちらは、菜の花と富士山が楽しめる名所です。
すでに多くの方が、ブログでもアップされています。

私も遅ればせながら、昨日、行ってきました。
こちらの吾妻山の山頂を目指すのですが、登り口は4ヶ所!

役場口・・JR二宮駅から300段の階段を登る、定番コース(山頂まで700m)
中里口・駐車場からは遠めですが、緩やかな坂道コース(山頂まで1000m)
釜野口・・・・・・・・・こちらはよく知りません。笑 (山頂まで900m)
梅沢口・・・・・・・昔ながらの吾妻神社の参道コース (山頂まで500m)

私は今回、中里口~梅沢口経由で下山しました。


住宅街を抜け、こんな冬枯れの道を歩いて行きます。(中里口)

こちらの吾妻山は、先日訪れた湘南平よりやや低めです。
湘南平・・・181m  吾妻山136.2m

それでも相模湾や富士山の景色が素晴らしい場所で、
多くの人に好まれています。


それでは、私が見た、
昨日の吾妻山からの富士山&菜の花をどうぞ!


朝8時過ぎに到着!
空も海も青くて綺麗でした。



雲一つない快晴で、メグおばちゃん大満足!








山頂付近、朝のこの時間帯は空いていました。
居座る人もなく、入れ替わり立ち替わり・・・
皆さん、思い思いの場所で!






べっぴんさんを・・・



バックを変えて、べっぴんさんを・・・


青空と富士山と菜の花を楽しんだメグおばちゃんでした。

さて、下山です。

今回は、定番の役場口方面に下山するのではなく、
梅沢海岸方面へ・・・



海岸方面に望遠でググッと・・・

梅沢堤防・・・釣り人がたくさん!よく釣れるらしいですよ。
この梅沢、のちほどまた出てきますので、覚えておいてね!
(写真下の道路は国道1号線)



山頂から少し下った所に立派な神社を発見。
これは知りませんでした。

~吾妻神社~


ここの神社がなかなかの由緒です。

日本武尊の妃である
弟橘媛命(オトタチバナヒメノミコト)縁の神社だそうです。

こんなお話が伝わっています。

三浦半島の走水(横須賀市)から日本武尊が、
東征のために上総の国に
浦賀水道を船で渡っている時、
海が荒れました。
海の神を落ち着かせるため、
同行していた妃・弟橘媛命は海に自らの身を投げ、
荒波を静めたそうです。
その彼女の櫛が↑上記の梅沢海岸に流れ着き、
その櫛を埋めて御陵を作ったことから、
この地域を「埋沢」と呼び、
現在では梅沢となっているとか・・・
そしてまた彼女の小袖も漂着し、
これを山頂に祭ったと伝えられています。

吾妻神社の主神は、弟橘媛命です。
【縁結びの神様】としても有名だそうですよ!


自分の言葉で、簡単にまとめた由緒・・・
な~んか「軽い」ですね
もっとロマンティックに語らなきゃね!

年に2回の祭礼は、よさこいパレードが行われたり、
参道にたくさんのお店が出店するそうです。


吾妻山登山口としては、
梅沢口が最短距離のようですが、
それはそれは過酷です。(笑)
私は下りでそんなに苦ではありませんでしたが、
これを登ったら・・・フゥ~!
それでもウォーキングが日課の地元の方でしょうか?
軽快に登られている方も・・・

いかがでしょうか?
あなたも来年は、梅沢口から弟橘媛命に思いを馳せながら、
菜の花と富士山に会いに行ってみては・・・




景色を楽しみ、
ちょっとした歴史にも出会えた昨日の朝でした。




それでは、今日はこのへんで・・・





注)日本武尊伝説には諸説あるようです。
奥が深い・・・

コメントの投稿

非公開コメント