06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

♪最後の梅 (小田原フラワーガーデン)

2015年 03月12日 15:39 (木)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
全国的にお天気が大荒れですね!
雪だったり、強風だったり・・・
春が近づいたと思ったら、また寒さが戻ってきています。

さて、3月10日は東京大空襲から70年、
3月11日は東日本大震災から4年、
時の流れは、実に早く・・・
どちらも風化させてはいけない大きな出来事でした。

ついでに3月13日はメグおばちゃんの32回目の結婚記念日です。
まあ、ここまでよく持ちこたえたものです。
夫J氏によれば、「結婚生活は我慢!」だそうですよ。

さて、本日のお話は、南足柄市に河津桜を見に行った
3月8日(日)の続きとなります。

河津桜を見た洞川から約4キロの位置にある、
小田原フラワーガーデンへ行ってみました。
初めての訪問です。




この日は、梅まつりの最終日ということでしたが、
なんだかまだ綺麗でもったいないようでした。
そう、まだ咲き乱れていました。





梅林の入り口近くには、<クロッカスの丘>がありました。
小さな黄色のお花がポツポツ咲いていました。


さて、本命の梅さんたちのご紹介に入りましょう。


<白加賀>
お花にそっと近づけば、良い香りがします。
梅酒に向いている梅だとか・・・
比較的馴染みのある品種ではないでしょうか?



<玉すだれ>



<紅千鳥>
なかなか印象的でした。




早咲きの梅は終わってハラハラと花びらがベンチに・・・



<枝垂れ>も満開!


なんだったかな?(笑)



<輪ちがい>

最近よく見かける輪ちがい(思いのまま)は、
一本の木で、白だったり、ピンクだったりするんですよね?
こちらの梅は全体にピンクでした。(名札あり)



<緋の袴>

こちらが、この梅林で一番華やかな梅です。
花びらも大きく八重で、色も艶やかでした。





梅まつり最終日でしたが、
満足度は高かったです。


梅と言えば・・・

中国から伝来したバラ科サクラ属の植物ですが、
<観賞用の花梅>と<食用の実梅>とに大きく分かれ、
また花梅は野梅系・緋梅系・豊後系・枝垂れ系へと
細かく分かれていくそうです。
変異性の強い植物で、登録品種で400種類、
その他にも1600種類の梅が確認されているらしいです。

梅も奥が深いです。

他にバラ科サクラ属の植物には、こんなものがあります。
桃・杏・スモモ・プルーン・・・
ここまでは何となく分かります。

私は知らなかったのですが、
あのアーモンドも同じ種類の植物なんですね。

桃などは果肉を食べますが、
私たちはアーモンドの種の中心にある
「仁」という部分を食べています。

じゃ、アーモンドのお花ってどんな感じ?

アーモンドがバラ科サクラ属の植物だってこと、
そのお花を見ればあなたも納得できますよ。→アーモンドの花


小田原フラワーガーデン、気に入りました。
また別の季節にも訪れてみたいです。

お土産を買いました。



3種のサイダー!
どれもさわやかな味でしたが、
メグおばちゃんのお気に入りは片浦レモンサイダーでした。



じゃ、今日はこのへんで・・・


コメントの投稿

非公開コメント