01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪雨の浦戸諸島 (旅・第1日目の2)

2015年 08月18日 16:49 (火)



本日もお盆休みにたずねた、宮城県の話題です。
昨日の記事→

横浜を8月13日午前2時に出発して、
午前7時30分には、
宮城県塩釜市の港に足を踏み入れていた私たち夫婦です。

さて、いよいよこの日のメイン・・・
以前から楽しみにしていた浦戸諸島巡りです。



【マリンゲート塩釜】から船に乗り、
桂島→野々島→桂島(石浜)→寒風沢島→朴島へ・・・
約1時間の船の旅です。

↑の地図をご覧ください。

浦戸諸島の大小の多くの島々が、
日本三景【松島】を守ったと言われています。
もちろん【松島】の陸地も津波の被害がありましたが、
これらの浦戸諸島が防波提としての役目を果たしたのは事実です。

太平洋側の数々の海岸がそうだったように、
浦戸諸島の島々の被害は甚大で、
港は破壊され、多くの家屋が津波で流されたようです。

離島である島々・・・救援・支援の手も遅れがちだったようです。
島民の方々を震災被害のピンチから救ったのは、
過去の経験・島だからこその備蓄食糧・燃料
そして、よく言われている人々の「絆」でした。

そんな島を巡ってきました。

【マリンゲート塩釜】から出港!

時節柄お花を持ってお墓参りの方々、
雨ですが海水浴客、そして私たちのような観光客・・・
気温23℃、お国言葉が聞こえてくるそんな船内でした。






浦戸諸島巡り 動画はこちら



松島の観光船











出航から1時間で一番小さな朴島(ほうじま)に到着。
この日は、干潮で航路が通常通りではなかったためか、
朴島到着が遅れました。
本来なら20~30分の停泊後、
折り返し運航のはずでしたが、
着いたらすぐ出航となりました。
私たちの計画はちょっと狂いました。




牡蠣の養殖風景のようです。





朴島(ほうじま)に上陸できなかったことは心残りでしたが、
このあたりで盛んな牡蠣の養殖をそばで見ることができたので、
良しとしましょう。(笑)


朴島から寒風沢島(さぶさわじま)へ・・・

寒風沢島・・・なんだか寒い地方らしいネーミングじゃないですか?


この旅日記、いつ終わるのでしょうか?
書きながら不安になっているメグおばちゃんでした。



じゃ、今日はいったんお開きねっ!

コメントの投稿

非公開コメント