06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

♪松島観光案内・・・【瑞巌寺】

2015年 09月02日 17:09 (水)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
蒸し暑くなっている本日です。
現在はお日さまが出ていますが、
最近は突然の集中豪雨に見舞われたりします。
どうぞ
お気を付け下さいね。

さて、本日のお話は、
宮城県・松島にある【瑞巌寺ずいがんじについてです。
コメント欄は閉ていますので、
どうぞガイドブックでも見るような感じでどうぞ!


伊達政宗公ゆかりの【瑞巌寺】は只今、
平成の大改修工事中に付き、
残念ながら本堂は見学できませんでした。

しかし!

仮本堂(大書院)にて、
通常非公開の御本尊や伊達政宗の位牌などが
間近で見られるという期間でした。

伊達政宗公の正室の陽徳院御霊屋(おたまや)
特別公開となっていました。

拝観料700円と少々お高めですが、
見どころ満載!


それでは、ご案内しましょう。


平安時代の初めに創建された【瑞巌寺】ですが、
鎌倉時代・室町時代と栄えましたが戦国時代には、
勢いを失っていたそうです。

その後、江戸時代を迎え、伊達政宗公の出現により、
現在の広い敷地の【瑞巌寺】になったとのことです。




入口です。ご朱印をいただく方は、
始めにこちらでご朱印帳を預けておきます。
見学中に記帳しておいて下さいます。





故人を供養するための石仏や五輪塔が岩肌に彫られています。
江戸時代に供養場として掘られたと推測されています。
(江戸以降の供養塔がほとんどだとか・・・)

しかし、松島は古来から「奥州の高野」と言われ、
霊場となっていたそうです。
鎌倉にも「やぐら」という洞窟のようなものが
岩に掘られていますね。
そのことを思うと洞窟自体は江戸時代より前?

な~んて、よく分かりませんが、
いにしえに思いを馳せるメグおばちゃんでした。




参道の両脇に植えられえていた杉も
東日本大震災の津波の被害を受け、
現在は再生工事中です。
土壌改良からです。大変なことですね!



伊達家の位牌



はい!左が工事中の本堂(国宝)






大書院(仮本堂)
通常非公開です。かなりそばで貴重なものが見学できます。
写真右(右から2番目が伊達政宗公のお位牌です。)



御本尊
聖観世音菩薩


御本尊を写真に撮ることができるなんて、すごい!
こんなに近くだし!
フラッシュは厳禁ですが、写真撮影は許可されています。



伊達政宗公の正室・陽徳院の墓堂



平成18年から3年かけて、
創建当初の豪華絢爛な姿に復元されたもの。
造営は、美意識の高かった政宗公と言いたいところですが、
孫にあたる綱宗によるもの。



さて、【瑞巌寺】のご朱印は・・・



右が【瑞巌寺】のご朱印です。
左はお隣さんの【円通院】のご朱印です。


じゃ、今日はここまで・・・

お庭が素晴らしい【円通院】はまた後日!






【瑞巌寺】の平成の大修理は、平成30年3月頃まで。
記事中の説明文は、
【瑞巌寺】HP・拝観リーフレットを参考にしています。

コメントの投稿

非公開コメント