01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

◆笠森寺 (坂東第三十一番札所)

2015年 09月30日 15:39 (水)


気づけば、明日はもう10月・・・
長雨の期間も終わったようで、
秋風が心地よく感じられるこの頃です。


さて、本日のお話は・・・

<坂東三十三観音霊場巡り>を続けている私ですが、
今回、ご紹介するお寺は、
今まで訪れた中でも、
一番好きなお寺かもしれません。

そのお寺は、森の中・・・
伐採厳禁の天然記念物指定の森の中にありました。

現在ではパワースポットとしても有名なようですが、
古くは、安藤広重(二代目)の「諸国名所百景」に描かれ、
芭蕉の句碑もある、
房総の古刹なのであります。


~ 笠森寺(笠森観音)~
第三十一番札所

千葉県長生郡長南町笠森





巨大な岩の峰上に建てられた笠森観音堂は、
「四方懸造(しほうかけづくり)」と呼ばれる
日本唯一の構造で広く知られており、
その高い建築技術と壮麗な姿は国指定重要文化財となっています。
空中に浮ぶような回廊からの展望はすばらしく、
また、眼下に広がる広大な自然林は貴重な国の天然記念物です。
(長南町HPを参考にしています。)


見上げると思わず「わぁ~!」
声が出てしまいそうな観音堂です。



側面から・・・




観音堂は土足厳禁。
サンダルに履き替えて上がります。




<笠森寺>は、
最澄が霊木の楠で十一面観音(784年)を彫り、
山上に安置したのが始まりと言われています。
その後1028年に後一条天皇の勅願により、
正式に建立されたということです。




階段を登る途中で・・・パシャ!
土台は岩です。



観音堂の最上階から見た境内




芭蕉もこの最上階で、一句・・・
「五月雨に この笠森を さしもぐさ」








拝観料とお参り、ご朱印は、最上階で・・・




受付の女性の方は穏やかであり、またにこやかに・・・
「今日はどちらからですか?」
「横浜からです。」
「どうぞ、お気をつけて・・・」
「ありがとうございます。」
ほんの一瞬のありふれた出来事ですが、
心和む瞬間でした。





<笠森寺>は見どころも多く、こんなものも・・・



子授楠 (子授観音)





大きなクスノキの根元近くに、
人が一人通れるくらい穴が開いています。
子宝に恵まれるようにと、
この木をくぐるために、全国から訪れるとか・・・


夫J氏が、メグおばちゃんに「くぐってみれば!」と・・・
さすがにねぇ!(笑)
試してみるのも恥ずかしい・・・

この日も若いご夫婦が次から次へと、
くぐっていました。

どうぞ、次はお子さんといっしょに訪れることができますように・・・



自然林の中の古刹・・・
まさに<坂東三十三観音霊場巡り>にふさわしいお寺でした。



空から見た笠森寺の様子が、
動画でアップされています。

興味のある方はご覧ください。
行ってみたくなるお寺だと思いますよ!



じゃ、今日はこのへんで・・・

コメントの投稿

非公開コメント