06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

♪新春・神社めぐり2016 ②

2016年 01月08日 16:59 (金)


七草も終わり、お正月気分にもピリオドです。
最近では、そのお正月気分も子供の頃のようではなく、
3が日が過ぎると「お正月、はい!終わりぃ~」って感じです。



さて、今年の新春・神社めぐりは、
「行ったことのない神社へ行ってみよう!」ということで、
神奈川県・伊勢原市の神社をたずねてみました。

まずは・・・
小田急線「伊勢原」駅から歩いて約10分、
伊勢原大神宮へ行ってみました。
こちらは、江戸時代初期の創建の神社です。
伊勢原と言えば、江戸時代に流行った大山詣のポイントです。

関西から大山詣をするためにこの地を訪れた旅人が、
このあたりで一泊した際、
ある出来事をきっかけに、この地を開墾することになったそうな!
開墾に手を貸す者が次々に集まり、
野っぱらだったこの地が一つの集落となり、
その鎮守として、
故郷の伊勢神宮の神様を勧請し、奉祭することになったとさっ!
そのことが、この地伊勢原の地名の由来になったそうな!





建て替えが行われたのでしょう。
社殿がとても綺麗でした。


おみくじコーナーも充実してます。(笑)


お守りも充実!パステルカラーのものが並んでいました。


駅から近いという立地の良さもあり、
多くの人が初詣や祈祷に訪れていました。
由緒ある神社ですが、
商売っ気が見え隠れしてました。(笑)





次に訪れた神社は、半端な古さではありませんでした。

相模國三之宮 比々多神社 (延喜式内)

さかのぼること、はるか縄文時代のことになります。
発掘された遺跡からは、
御神体として原初的な神社信仰があったこと、
古くから聖地信仰があったことが、
分かるとも言われています。




古代から信仰の地とされていた比々多神社辺りですが、
古代から歴史を重ねてその後・・・

源頼朝公が妻・政子の安産祈願に
相模国の社寺に神馬(しんめ)を奉納されたと
古い書物に書かれていますが、
こちらの「三宮冠大明神」のことも出てくるとのことです。





鎌倉時代が終わり、
室町時代には戦いで、広大な神領の大部分を失いましたが、
こちらが相模の国の名社であることを知った後の
徳川家康公により、復興されたと言われています。






社殿の裏に回ってみると、
「元宮」はこの奥ということだったので、
道案内通り奥へズンズン・・・

小高い山を登っていきました。
「元宮」ですからねぇ!
小さくてもそれなりに古いもの?
なんて勝手に思っていました。

「元宮」





「元宮」からの眺め
市街地や東名高速がよく見えました。


「元宮」の後ろには、大山が見えました。



奥が大山




意味はありませんが、山頂にググッとズーム!
頂上が見えました。



ここが本来の社の位置なんでしょうか?
古代人も大山を仰ぎながら、神を崇拝したのでしょうか?


自分勝手に妄想!

いにしえに想いを馳せたメグおばちゃんでした。

こちらの神社には、郷土博物館も併設されています。
興味深い発掘物が展示されているようですよ。

三ノ宮郷土博物館→










比々多神社の駐車場にこんなの咲いてました。




じゃ、今日はこのへんで・・・



*各神社リーフレット、HPなどを参考にして、
記事をまとめています。

コメントの投稿

非公開コメント