01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪まるちゃん・次郎長・エスパルス

2016年 08月19日 17:49 (金)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
オリンピックでの選手の涙も人それぞれ・・・
ただただ悔しかった人、
心から嬉しかった人、
責任感から解放された人・・・

リオ五輪が始まる前は、
あまり楽しみではなかったオリンピックですが、
なんだかんだ言ってもやっぱり感動しますね。




さて、本日のお話は・・・

もちろん、静岡旅行のまたまた続きです。


「日本平」をあとにしたメグおばちゃんが向かった先は、清水港でした。



船好きなメグおばちゃんとしては、
ぜひとも乗りたかったクルーズ船。
海から富士山を見たいじゃないですか!

しかし、この日は雲が多くて、
とても見える状況ではありませんでした。
予定は変更となりました。


清水港は日本でも有数のまぐろの水揚げ量ですが、
クィーンエリザベスも寄港していたんですね。






清水と言えば清水エスパルスを連想される方も多いかもしれませんね。


港のそばで・・・


そのエスパルス関連の商業施設が清水港にありました。

その施設内に、【ちびまる子ちゃんランド】があります。
こちらも旅の予定に入っていました。(笑)












まるちゃんを中心に登場人物のオブジェや<なりきり写真館>、
昭和の家庭用品・遊び道具や教室の再現などの展示がありました。
混んでいましたが、ほぼ外国人観光客・・・中国の方々かな?
楽しそうに写真スポットで記念撮影!

館内は見学が10分~20分で終わる程度の広さでした。
お土産はたくさんありましたよ。


朝7時から観光をして、午前11時・・・
そろそろお腹が空きました。

エスパルスドリームプラザ内には飲食店も入っていました。
当初は別の場所での昼食を予定していましたが、
待ちきれず・・・
<清水すし横丁>で休憩&昼食にしました。






黒はんぺんのフライ

名物・静岡おでんも食べてみたかったのですが、
今回は縁がなく、食べられませんでした。


涼しい店内で満腹になってから、
クルーズの代わりに観覧車から清水港見物です。




拡大できます。


写真奥の黒っぽく見えるのが、「三保の松原」、
クィーンエリザベスはどこに停泊したのかな?



観覧車から降りてからは、
港町をプラプラ散策しました。





清水と言えば・・・あの人を思い出しませんか?

清水の次郎長さん!

次郎長さんの生家を探していたメグおばちゃんですが、
「末廣」という次郎長さんの船宿を発見。
彼が晩年になって始めた船宿です。
その観光ポイントで、
次郎長さんの真実の姿を知ることになったのです。





どんなイメージをお持ちでしょうか?

まず、次郎長さんは幕末から明治に生きた人なんですね。


子供のいない米穀商の叔父さんの養子になった次郎長さん。
商売をしながら、賭けごとや喧嘩を繰り返し、
商売を実姉夫婦に譲り、無宿人となったそうです。

諸国を巡りめぐって、いろいろな人々との人間関係を築き、
清水湊に戻り、その道の一家を構えたそうです。
皆さんがよくご存じの「大親分」さんです。

若い頃から、任侠の世界にどっぷりつかった次郎長さんですが・・・

<咸臨丸事件>
旧幕府海軍副総裁の榎本武揚が率いて品川沖から脱走した艦隊のうち、
咸臨丸は暴風雨により房州沖で破船し、
修理のため清水湊に停泊したところを新政府海軍に発見され、
見張りのため船に残っていた船員全員が交戦によって死亡した。

その後、逆賊として駿河湾に放置されていた遺体を、
次郎長は小船を出して収容し、
向島の砂浜に埋葬し、翌年には「壮士墓」を建立した。
新政府軍より収容作業を咎められたが、
「死者に官軍も賊軍もない。」と言って突っぱねたという。(ネット参照)


先見の明があった次郎長さんは、英語教室を開いていました。
(先生は違います。笑)


咸臨丸事件をきっかけに、幕臣・山岡鉄舟氏と知りあい、
また、地域の教育に力を注いだり、
港の整備にあたったり、
清水港~横浜港のお茶の販路を生み出したり、
富士山南麓の開墾事業にも手を広げたそうです。
人生の大きな方向転換となったわけです。

晩年は、人のために尽力した人だったのです。



「末廣」の建物は、現在の位置よりもう少し港寄りだったそうです。
当時の木材を使って、現在地に移築したものです。




こちらの施設は無料ですが、
スタッフの方々がとても親切で、
地元愛なんでしょうか?
清水について、次郎長さんについて、
よ~く説明して下さいますよ。ざっくばらんだし!
立ち寄る価値ありのポイントです。



船宿「末廣」を後にした私たちは、
いよいよ次郎長生家へ・・・





お盆休みのせい?閑散としていました。








右下の写真が次郎長さんです。



目から鱗の次郎長さんの人物像でした。
良いお勉強をしました。




つづく・・・



明日はマンションの納涼祭です。
役員ですので、がんばりま~す。

コメントの投稿

非公開コメント