01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪境内に電車が走る寺 (清見寺)

2016年 08月22日 14:29 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
本日は、台風の影響のため自分勝手に
お仕事を休んでおります。

今回は、お寺に興味のあるメグおばちゃんの自己満足記事ゆえ、
コメント欄は閉じております。
サラッと写真だけでもどうぞ!




今日もまた、
盛りだくさんだった2泊3日の私の夏休みのお話です。
(またかよっ?ですね。汗)


「三保の松原」
「日本平」
「久能山東照宮
「ちびまる子ちゃんランド」
「清水の次郎長生家」

進んでまいりましたが、

次は、清水でも由緒あるお寺を見てきました。

予備知識ゼロ。あれれっ?

そんなお寺でしたが、これまたちょっと感動でした!




静岡市清水区興津清見寺町

始まりは古く7世紀後半と言われています。
その頃は、この地に関所がありその傍らに
仏堂が建てられました。

鎌倉時代に禅宗が中国から伝わり、
室町時代には、足利尊氏が崇敬し、
戦国時代には、一時廃れはしたものの、
東海の雄・今川義元の後援を得て、復興。

その後、今川氏の人質となった幼少期の徳川家康が、
こちらの住職より教育を受けたとされています。

そのようなご縁で、徳川260年間、
徳川一門の帰依するところになったそうです。




まず、総門から・・・



「ここから、本堂へ向かうのかぁ~!」
と思いきや・・・




総門を経て、道なりに坂を上ると・・・

ん?線路がある!





何???電車ですか?

何の因果か?
明治22年に東海道線が境内の中を通るようになったようです。




立派なお寺です。






立派な鐘楼もあります。



すごいでしょ?拡大できます。)




大方丈







江戸中期からの五百羅漢群

さすがに古くて、風化している石仏。
何か重たい空気・歴史を感じて、
これ以上奥には進めない感じがしました。
拒まれている・・・






時間をかけて細かなところまで、
見学したい由緒あるお寺【清見寺】でした。



【清見寺】をあとにしたメグおばちゃん夫婦は、
今宵の宿へ、ひたすら車を走らせるのでありました。



つづく・・・

コメントの投稿

非公開コメント