01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

*最近の母 2016年夏~秋

2016年 10月26日 16:39 (水)


今年の夏は蒸し暑く、思い返せば夏は意外に長かった。
9月はほとんど雨や曇りの日が続き、やはり蒸し暑い鬱陶しい日々が続いた。

母も外に出ることが少なくなって、
耳はさらに遠くなり、
老いが進んだような気がしている。

それでもかかりつけの内科医に言わせれば、
「老いはたしかに少しずつ進んではいるが、
診てきた2年間を思うと状態はかなり保たれている。」そうだ。

ケアマネさんもその内科医とほぼ同じ感想である。
ディサービスが大好きな母のために、
週三回から週四回にデイを増やそうと考えたが、
自費になるとかなりの負担額になる。
あとは介護度を2から3にあげることしか手はない。
しかし、母の認知症や健康状態では3にはなれないのだそうだ。

そんな感じの最近の母であるが、
この夏、たった1回だけとは言え、
私が愕然とする事件があった。

8月の暑い日、たしか32度くらいあった日のこと。
母の足でも5分程度のスーパーに買い物に行った彼女。

買い物から帰って自宅のドアを開けるために、
自分の足元に買い物袋を置いた。

鍵があき、室内に入った・・・
スーパーの買い物袋を外に置いたまま・・・



お隣の住人の方が、親切に母の行為に対処してくれていた。

最後の「おばあちゃんになにもなければ良いのですが!」
実に優しい気持ちが表れていて、
日ごろから優しい青年だと思ってはいたが、
さらにその思いを深めた私だった。

結果、買い物のほとんどは廃棄。

お昼のお弁当を買いに行ったはずなのに、
買い物に行ったこともお昼のおいなりさんを買ったことも
母は忘れていた。
私が、「お昼はどうしたの?」と問うと、
「そこにあったパンを食べた。」と母・・・

私は愕然とした。

もう、一人では外には出せない・・・



コメントの投稿

非公開コメント