01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪鎌倉山の【扇湖山荘】ってご存知ですか?

2017年 03月28日 15:59 (火)


なんだかいつまでも風が冷たくて、
桜の満開が遅れていくような感じさえする今日この頃です。

そんな中、3月24日金曜日・・・
鎌倉山の豪邸を見に行ってきました。

鎌倉山にひっそりと佇む主を失った豪邸と庭園。
その敷地は14000坪と言われています。
鎌倉市が年に2回、2日間だけ一般公開をしています。

【扇湖山荘(せんこさんそう)

それはそれは素晴らしい場所でした。
その庭園はアップダウンがあり、
歩くと息が切れそうでしたよ。
まるで我が地元の<県立四季の森公園>の縮小版のような感じ!
そんな例えじゃ、分かりにくいですよね。

それでは、写真を並べながら、
鎌倉山の【扇湖山荘】をご紹介いたしましょう。

興味のある写真があったら、拡大してみて下さい。



JR鎌倉駅からバスに揺られて20分くらいでしょうか?
バス通りから横道に入り、数々の豪邸を眺めながら、歩くこと10分。
道の一番奥に【扇湖山荘】の玄関が見えてきました。
公開時間を待つ見学者が数人見えます。




門をくぐると、切り通しのようなものが見えてきます。



個人宅にもかかわらず、敷地内に橋!

鎌倉山と言えば、高級住宅地ですが、
こちらは桁はずれ!





踏み潰されることもなくお庭のあちこちに、
自然に生えているたんぽぽやスミレがたくさんありました。








椿園もありました。
赤の椿が見学者の目を楽しませてくれました。


ところで、こちらの持ち主は誰?


製薬会社「わかもと」で財を築いた長尾欽彌氏の別邸として、
昭和9年に飛騨高山の養蚕農家の建物を移築・改築して作られた建物です。
欽彌・よね夫妻は、
時の著名人(財界・芸能などなど)をこの山荘に招待して、
贅沢三昧、おもてなしをしたそうです。

さらに、
夫人は国宝級の美術品や骨董品の収集家としても
知られていたそうです。

贅沢三昧の生活も戦争を境目に一転。

長尾氏は自ら興した製薬会社の社長の座を
追われることになったそうです。
その後も二人の贅沢は続き、
あとは推して知るべし・・・

三和銀行などの民間企業に譲り渡され、
現在は鎌倉市の管理となっています。




アップダウンのある【扇湖山荘】の一番高い位置にあるお茶室<伏見亭>








この<伏見亭>からは海が見えます。
左方向には横浜のランドマークタワーも見えました。




【扇湖山荘】見学は、順路が決まっています。
そうでなければ、迷ってしまいそうです。

個人宅に橋・・・
それだけでもそのお庭が広いことを想像させるのではないでしょうか?
橋は老朽化しており、担当の職員が注意喚起を手前でしています。


竹林も・・・




竹林を抜けると、いよいよ【扇湖山荘】本館が見えてきました。
写真右には巨木の枝垂れ桜があります。
ホントなら、そろそろ咲いているはずですが、
まったく開花していませんでした。
残念!




【扇湖山荘】本館
どこかのお寺ではありませんよ!



さて、このテラスからの眺めは・・・



扇を広げたように、静かな海が湖のように見える・・・ということで、
【扇湖山荘】と名づけられたそうです。
テラスからの眺めには誰もが皆、足を止めます。





本館は、地階・1階・2階。
地階は洋館です。










1階の内部は土間から見学できます。
広いでしょ!
照明も洒落ています。






こだわりのデザイン↑だと思いませんか?
一つ↑の写真の左奥に内部から見た様子が偶然、写っていました。




内部には入れませんが、バーカウンターなどがあるようです。










テラスの陶板




こんなの見つけちゃいました!
私がこれを見ていたら、あるご婦人が、
「あなた、良いもの見つけたじゃない!」と・・・




よく見ると、名入りのものがいくつもありました。
変なところに喰いついたかしら?




車寄せもあります。





順路通り、歩けば約45分くらいでしょうか?
私が帰る頃も多くの見学者が昭和の遺構【扇湖山荘】を目指していました。

 長尾御夫妻の波乱の人生をちょっと調べてみたのですが、
栄枯盛衰・・・ドラマ化できそうかも!

いろいろな意味で興味深い【扇湖山荘】でした。







余談・・・
JR鎌倉駅へバスで戻る途中、
鎌倉大仏のバス停から、
テレビで最近よく見かける「路線バスの旅」みたいな、
ロケの一団と遭遇。
結構、混んだバスでも
堂々と図々しく撮影は進められるんだなぁ~と思いました。
じゃないとリアルな感じは撮れないでしょうけどね。



じゃ、今日はこのへんで・・・





【扇湖山荘】の次回公開は、今までの様子だと秋です。
紅葉が綺麗な時季だといいなぁ~!
人数制限なし、無料です。

コメントの投稿

非公開コメント