02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

大船観音寺の千体仏

2021年 01月21日 17:50 (木)


こんにちは!メグおばちゃんです。
最近、コロナワクチンの話題がよく取り上げられていますね。
あなたは条件が揃えば、ワクチン打ちますか?
それとも様子見ですか?


さてさて、本日は昨日の記事の続きです。昨日の記事→

鎌倉市にある<大船観音寺>のことになります。
大船エリアのシンボルとなっている白衣(びゃくえ)観音・・・

高台にあるうえ、そのものの高さが25mもあるそうです。
鎌倉方面から電車で帰る時、
JR大船駅に電車が滑りこむ前にその大きな白い観音様が見えます。

遠くからでも見えるのですから、
白衣観音

そばに寄ると・・・

白衣観音


IMG_1073 (1)

実際は、胸から上が観音様となっています。
観音様の内部にも入ることが出来、
神聖な気持ちになれます。


白衣観音

千体仏・・・こちらは一般の方が仏像を彫ったものです。
講座を受講すると、誰でも掘ることができるようです。
多くの人の願いが込められた仏像さんたち・・・
7㎝ほどの小さなものですが、これだけあると迫力があります。



<大船観音寺>の歴史は比較的新しく、
昭和とともに歩んだそれとなっています。

観音様を造るのにあたり。昭和2年に話が持ち上がり、
昭和4年に着工するも世界恐慌などで、
寄付金などが思うように集まらず昭和29年まで放置され、
昭和35年に落慶式が執り行われるところもまでこぎつけたそうです。

そして現在の名称<大船観音寺>となったのは、
昭和56年のことだそうです。
財団法人「大船観音協会」が中心となって像はできあがり、
その運営の中心は東急グループによるものでした。


昭和とともに歩んだ曹洞宗<大船観音寺>・・・
被爆者への追悼にも力を入れているようです。

白衣観音


白衣観音
広島での原爆の残り火が、巡り巡ってこちらで燃えています。
(その物語は長いので割愛いたします。)


白衣観音
被爆石(長崎より)



原爆のない世界・・・
世界平和に祈りを込めて・・・


そうそう、昨日の記事の最後で、私のママ友さんが
「<大船観音>にお詣りすれば、子宝に恵まれる」とお姑さんに誘われて、
お姑さんと二人、足を運んだ思い出話をしました。

今回は、子宝関連のものは見かけませんでしたが、
とにかく、彼女が、ここでお詣りして第2子を
めでたく授かることが出来たのですから・・・成就、成就
その子も今年で32歳になります。
どんだけ昔の話じゃ!(汗)


じゃ、今日はこのへんで・・・