05月 « 2020年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

♪御朱印帳と御首題帳

2019年 05月16日 18:20 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
新元号・令和になって半月が過ぎました。
令和元年5月1日の御朱印のことが
マスコミで話題となっていましたね。
10時間待ちだとか、特別御朱印の中止だとか、転売だとか・・・
そりゃ、御朱印をいただいている身としては、
貴重な御朱印はたしかに欲しい!
しかし、今回の御朱印騒動はちょっと過熱しすぎじゃないですか?


前置きはここまでにして本日の本題です。

私は、鎌倉三十三観音巡りから始まって、坂東三十三観音巡り、
また、お出かけした時にお寺や神社で御朱印をいただいています。
平たくいえば、御朱印集めかな?(笑)

今年の3月に日蓮宗の総本山・身延山を訪れる前に、
あることを知りました。

日蓮宗のお寺では、御朱印帳御首題帳を区別しているそうです。

それって、どういうこと?

いろいろな宗派のお寺が混在する御朱印帳を持っている方には御朱印を、
日蓮宗専門の御首題帳を持っている人には、
お題目(南無妙法蓮華経)を書いて下さるのです。
すべての日蓮宗のお寺がこれに当てはまるわけではないそうですが、
私が訪れたお寺ではそのようになっていたように思います。

以前、【池上本門寺】を訪れた時にはメグおばちゃんは、
そんなこととは露知らず、宗派バラバラの御朱印帳を受付にだしました。
すると・・・

20190516_132739168 (1)


日蓮宗の教えの中心である、お題目(南無妙法蓮華経)は書かれていません。
その時は、日蓮宗の決まりを知らなかったので、なんとも思いませんでした。
しかし、今思えば、日蓮宗のお寺では、御首題帳(お題目帳)に書いていただくのが、
ある意味正式と言えるのでしょう。

今年3月、【身延山久遠寺】を訪れる前、日蓮宗の決まりを知ったメグおばちゃんは、
早速、「御首題帳}をネットで購入。

20190516_132701645 (1)

そして、御朱印の受付へ・・・

20190327_090604583.jpg

ひげ文字のお題目をいただくことができました。



この連休の5月2日に、
日蓮聖人ゆかりの【清澄寺】と【誕生寺】(ともに千葉県)に行きました。

20190506_175744960 (1)


どちらのお寺でもひげ文字のお題目が書かれていますね。

宗派混在の御朱印帳に御朱印も書いていただけるようなので、
お荷物にならなければ、日蓮宗のお寺を訪ねる時は、
御朱印帳と御首題帳の2種類持って行かれるのも面白いかもしれませんね。
いずれにしても、お寺を訪ねる前にお寺のことを調べてから出かけるのが、
ベストだと思います。


日蓮聖人が、様々な仏教を学び、日蓮宗を立ち上げた【清澄寺】

077.jpg




日蓮聖人ゆかりの【誕生寺】

143.jpg


151.jpg

日蓮の弟子が日蓮の生家跡に高光山日蓮誕生寺(鴨川市小湊)として建立。
しかし、2度の大地震・津波で、現在、生家跡は海の中だそうです。
その天災のあと、現在の地に移ったそうです。

小湊の名所<鯛の浦>は、
日蓮聖人誕生に絡んだ不思議な出来事の一つとされています。
日蓮聖人の<神秘の鯛>



最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました。


じゃ、今日はこのへんで・・・



写真日記ランキング



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント