07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

三浦半島・ちょこっと散歩!

2007年 09月26日 17:01 (水)

連休最終日、9月24日月曜日。

あの夢をもう一度というわけで、再び先週と同じ横須賀・海辺つり公園へ

早朝から出かけた私たち夫婦でありましたが、

あまりの天候の悪さに釣りを断念したのであります。

先週は暑さ全開でしたが、今週はいきなり秋、いや海は初冬?を思わせるほどの寒さでした。

パーカーを着ていた私ですが、あまりの寒さにフードをかぶりさらに前をきっちりしめ、

海坊主状態でした。自然の前では、人は無力ですなぁ~!

さっさと切り上げた私たちでしたが、そのまま帰ることはしません。

やけ食いでもありませんが、暖かいものが食べたくて、牛丼の吉○屋へ・・・

牛丼は11時からしか食べられないそうで、豚丼を食べました。

その後、観音崎でウォーキングでもと思い、行ってみましたが、やはり海辺は強風で

あまり気乗りがしないので、つぎ~~っ!


今度は、浦賀へ行ってみることに・・・

この浦賀は、久里浜とならびペリーの黒船で有名になったところです。

しかし、行っていそうで、実はあまりなじみがない場所でした。

京急浦賀駅のそばに車を置き、その浦賀をブラブラしてみることにしました。

造船で栄えたこの町も今は静かな港町という様子でした。(休日のせいかもしれませんが・・・)









浦賀湾の西側を歩くこと10分。
おもしろいものを発見。(浦賀の渡し)
夫J氏は以前から知っていたようですが、私はこの日にはじめて知りました。


湾の東と西を結ぶ渡し船があるのです。
ほんの3分間の船旅?だそうですが、乗客がたった一人でも乗せてくれるんです。
押しボタンで合図をするのだそうです。





この渡し船、なかなか歴史があるということです。

またこの渡し船の航路は「浦賀海道」と言われ、

全国でも珍しい水上市道(2073号線)です。

造船で栄えた港を象徴しているような感じで印象的でした。



このほかにも、歴史的な神社仏閣もこの狭い地域に集中していて、見所がたくさんあります。

あらためて、訪ねてみたい場所でした。

そして、まだまだちょこっと散歩は続きます。つぎ~っ!


江奈湾の干潟です。(松輪エリア)

ここは、三崎までもう少しというところに位置しています。

松輪サバって聞いたことありませんか?まさにこのあたりのことです。

ここは、野鳥やカニのオアシスです。

この日のこの時間は、干潮です。野鳥が遊び、そこここにカニの姿が・・・

静かなところです。この潮の引き方をみると、またまた自然の力を感じます。



前方が海です。
ただの泥んこじゃありませんよ!
まさにどん引き!


陸側です。


カニさん見えますか?











私たちは、ここまで来たということで、やっぱり三崎まで足を伸ばすことにしました。

時間が時間だけあって、朝市の三崎とは異なり、観光客でいっぱいです。活気があります。

三浦のまぐろや海産物、お土産物を販売している「うらり」へ・・・

こちらの「うらり」では、いろいろ試食があります。

すすめられるままに試食をしていると、それなりにお腹ができました。


「うらり」を後にしたメグおばちゃん夫婦は、三浦半島東京湾側から反対側の相模湾側へ・・・


相模湾側の諸磯の港で釣りを見学。(油壷周辺)

東京湾側とは、打って変わって、こちらはなんて穏やかな・・・

三浦半島は、東京湾側と相模湾側では、海の状況も景色もまるっきり違います。

私は、湘南方面の相模湾側が好きかなぁ~!


釣りは不完全燃焼だったけど、今日も遊んだなぁ~!

なんて思いながら、横須賀PAで、横須賀カレーパン&ソフトクリーム

舌鼓を打つ、おばちゃんでした。

それにしても、この日に私たちが口にした食べ物は、

ダイエットどころか身体に悪そうぉ~~!

だめだぁ~!こんな食生活してちゃぁ~~!!

コメントの投稿

非公開コメント