01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

息子の友達 そして我が息子

2007年 11月07日 13:54 (水)





今日のお話は、タイトル通り、息子のお友達と息子の仕事についてであります。

昨日、息子のお友達が渋谷の<オーイースト>というライブハウスでライブをしました。

高校の同級生が別々のグループでそのイベントに参加していました。

わが息子は、「平日だから、お客が少ないかもしれないから、行ってくるよ!」と言って、

出かけていきました。

一人のR君は、高校卒業後、24歳になるまで、シンガーソングライター目指してがんばってきました。

なかなかのイケメンでTVのCMなどにもチラッと出演したり、ストリートでも

固定客をもっていました。

もう一人のS君は、大学卒業後、教員の職に就いたのに、それをすっぱり辞めて、バンドとして

メジャーデビューがほぼ決まっているような状況です。

今回、どうやらS君の誘いで、R君はこのイベントに参加したようです。

R君は、「もう、俺だめかもしれない。」と最近もらしていたようです。

昨日のライブのようすは、まだ息子から聞いてはいませんが、

我が家にも、売れてない芸能人の娘がいますので、

R君の心情が気になるとこるです。

我が息子も現在社会人2年目ですが、転職を考えています。

第二新卒の就職となるわけですが、もう親が事細かにアドバイスすることもできないので、

なんだか余計に心配です。今のところ見守ると言った感じです。

お友達のこと、息子のこと、娘のこと、それぞれの生き方をそれぞれが考えてます。

私などは、終身雇用の世代に片足つっこんでいるので、

彼らの生き方がよくわからないところがあります。

なんだか、人生の岐路は、18才、20才、22才そして24才となっているのかなぁ~?!と

ふと、思った午後でありました。

子どもに対して出来るだけのことは、やってきたつもりですが、

今だに心配がたえないメグおばちゃんであります。  おわり。




コメントの投稿

非公開コメント