06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

♪伊勢原気まぐれ散策① (三段の滝)

2017年 09月11日 15:59 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
昨日、今日と気温が高めの横浜です。
蒸し暑さも感じますが
その暑さの中に秋を感じています。



さて、昨日は足のリハビリ(大袈裟です。)と称して、
またまた足慣らしの過酷な山登りをしてきました。

山と言っても標高200m~300mの丘のような山なんですけどね!
本格派の方すれば、「えっ?」と思われてしまいそうです。

第1回目は神奈川県伊勢原市にある【三段の滝】

何のひねりもなく、名の通り、
小さな三段階に流れ落ちる滝でした。
しかし、この小さな滝がなかなかです。

この滝には歴史があり、
またその滝のお水を必要とする人にとっては、
神聖な滝であり、大切にされてきたのでした。





★比々多神社の酒祭(お水取りの神事)★

比々多神社<酒祭(さかまつり)>は、
約1300年から始まったとされる伝統行事で、
新酒醸造の安全や酒類販売関係の方々の商売繁盛を祈願祭です。

【三段の滝】でお水取りの神事が行われたあと、
神社に戻り、
県重要文化財にしてされた須惠器の土器
ご神水を入れて捧げるという行事です。

参考)須惠器→古墳時代中期~平安時代に作られ土器


過去記事で日比田神社を語ってます。



神社から約2km離れた里山の奥・・・
某放送局の「新日本紀行」や「新日本風土記」で紹介されるような景色の中を
私たちは地図通りに
車で【三段の滝】の入り口まで進みます。



ここからは徒歩です。
栗やみかんの木を見ながら奥へ奥へ・・・









ままだ栗もみかんも青いものがありました。
ゆっくり季節は進んでいます。




里山の生活と野生動物を仕切るネットが目の前に現れました。
私たちが熊さんの領域へと無断侵入です。(戸は開閉できます。)

まだ、暑さが残っているせいか、
ハイカーは皆無。
ちょっとドキドキしながら、
滝を目指しました。




こんな清流を見ながら・・・




これなんだったかな?
たまに他の方のブログで見せていただいてるのに・・・
すぐ忘れちゃう!


歩くこと10分?15分?

途中、熊さんにも遭わず・・・
今更ながらの森の中での二人の世界でした。


そろそろ【三段の滝】です。
着いたぁ~!と思ったら先客が・・・




誰も来ないことを前提に滝つぼの真ん前に陣取るお二人さん。
私が近づくと、そのベストポジションを空けて下さいました。




神聖なるお水が流れる【三段の滝】です。

酒祭の神事は滝つぼ辺りでおこなわれるようです。



車の置いてあるところまで、戻るのですが、
帰りは下りの山道になりますので楽でした。
熊さんにも出遭わず、ホッ!



汗だくになりながら、
また次なるポイントを目指す私たち夫婦でした。


じゃ、今日はこのへんで・・・



比々多神社→神奈川県伊勢原市三ノ宮1472
<酒祭>は11月中旬

コメントの投稿

非公開コメント