01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

放鳥式に行ってきました。(千葉県・長生村)

2008年 05月12日 11:50 (月)

本日もなんだか肌寒い横浜です。
月曜日、皆さんお疲れ気味?それともリフレシュ出来てやる気満々ですか?

突然ですが・・・

昨日、メグおばちゃんは千葉県の外房、九十九里浜に面した長生村という人口約15000人の
小さな村へ行ってきました。
何しに行ったかと言うと・・・

アイガモの放鳥式のために、朝早くから高速に乗って行ってきました。
アイガモの放鳥って?

アイガモ農法ってご存知でしょうか?
アイガモの力を借りて稲作を進めていく農法です。
稲を収穫するまでの間、田んぼには雑草が生え、害虫も発生します。
田んぼにアイガモを放すことで彼らにそれを食べてもらい、駆除していくやり方です。
またアイガモのふん尿は肥料にもなるということです。
この方法は、完全無農薬ではありませんが、かなりの減農薬になります。
簡単に言うとこんな米作りの方法です。


朝10時半、長生村役場集合。
11時開会式となっていました。
80数組の家族が集まっていました。

長生村は、人口こそ少ないですが、村の活性化のために努力をされているようで、
千葉県内№1の子育て支援政策を行っているそうです。(村長さんのご挨拶より)
今回の放鳥式でも役場の方や村の方の熱心な取り組みがよくわかりました。






こんな会員証をいただきました。




放鳥を待ちきれない女の子。
さわらせてもらってます。







開会式も15分程度で終了。

役場から歩いて約5分の
田んぼにみんなで出発です。
この頃には、

どうにか雨もやみました。




私たちのアイガモより少し先に
お仕事を始めた先輩アイガモ。




田んぼに到着です。








こんな感じで放鳥していきます。














はじめまして!
うちの大三郎くんです!












うちの大三郎くんが田んぼに・・・

いってらっしゃ~い!





すぐに群れを成して仕事を始める,
働き者のアイガモちゃんたち。
一生懸命食べる姿が可愛い!



こんな感じで無事に田んぼに放されたアイガモちゃん!
これからの働きが楽しみです。








放鳥会はさらにつづきます・・・






アイガモオーナーズクラブ:一口¥15000
             放鳥式参加、稲刈り体験、新米試食会など・・・
             一家族4名まで各行事参加 可








長生村(ちょうせいむら)が正式ですが、「長生村(ながいきむら)としてPRしています。

コメントの投稿

非公開コメント