01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♡サンデー板さんに脱帽です!

2008年 05月27日 10:44 (火)




こんにちは!メグおばちゃんです。
今日はいいお天気ですよぉ~!洗濯日和となっております。

昨日の予告通り、本日は夫J氏のサザエ料理です。

5月25日、日曜日のお昼ご飯で~す。

サザエ丼、サザエのつぼ焼き風の焼き物?、サザエのお刺身&メトいかのお刺身です。

夫J氏が全身全霊をかけた昼食でございます。

まずは・・・


サザエ丼から・・・



写真がボケてますが、
こちらがサザエ丼で~す。
江ノ島の食堂に行くとよく目にする
丼です。
江ノ島丼とサザエ丼は同じものですが、
呼び名には地元の何かこだわりが
あるとどこかで読みました。

甘辛具合も丁度よく、
美味しかったなぁ~!
ご飯は今回は玄米ですが、
やはり白米がいいですね!
サザエはたっぷりです。

ちょっと汁が多めは、ご愛敬


江ノ島丼
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
江ノ島丼(えのしまどん)は、甘めの出汁で煮たサザエの身を刻んだものを卵で綴じ、白飯の上に載せた丼料理。鶏肉と鶏卵を用いた親子丼の、鶏肉がサザエの身に代わったものと思えば概ね間違いない。神奈川県藤沢市の江ノ島にある「ハルミ食堂」が発祥とされ、島内や周辺の飲食店などで、800円~1000円前後で食べることができる。

江ノ島丼に使われるサザエは地元で水揚げしたものとされる場合があるが、これらのサザエはほぼ全てが韓国などから輸入したものであることから、「江ノ島丼」は江ノ島の名を冠した雰囲気だけの名物料理、というのが実情である。また、島内の飲食店などでサザエの壷焼きなどを注文してもまるごと1匹をワタまで味わうことはできず、サザエの貝殻の中にあらかじめ刻まれたサザエの身(足)のみが詰められた状態で出されている。



つぎ~~~!

サザエのつぼ焼き風焼き物・・・



普通に焼いてももちろん
美味しいサザエです。
茹でて身を出し、再度味を付けて
焼きました。
サザエは、
食べやすく切ってあります。







こんな心遣いどこで学んだでしょう。
以前、藤沢に勤務していた経験のあるJ氏です。
かなりの食事処を経験済みかぁ~!?


最後は・・・


サザエ&メトいかのお刺身です!




サザエは、中身を出し、
細かく切ってあります。
カラの中には、
大根で作ったつま
詰めてありました。

メトいかは見ての通りです。
私の好物で~す!





いかがでしたか?
サンデー板さんの夫J氏の手作りサザエ料理!


今回はメグおばちゃんも脱帽ですよ!

汗だくで頑張ったJ氏!(ちょっと塩味が効いてたかも・・・) ←目をつぶるのだぁ~!

美味しい物が食べたい一心で早起きしたJ氏!


来週は何を作ってくれるのぉ~?

コメントの投稿

非公開コメント