06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

アイガモ農法【収穫祭】・・・<千葉県・長生村>

2008年 09月16日 15:51 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです。

いきなりですが・・・

9月14日(日曜日)、私たち夫婦は千葉県は九十九里浜に面した長生村というところへ行ってまいりました。

ゴールデンウィーク明けの5月11日(日曜日)にアイガモの放鳥式にアイガモオーナーとして参加した私たち・・・
減農薬によるこの稲作もいよいよ収穫の時を迎えたのでした。
(過去記事に興味ある方は書庫・アイガモ農法をどうぞ!)

あのアイガモちゃんたちはいいお仕事をしてくれたのかしら?
さあ、この日は稲刈り体験&農作物の収穫体験をしていきます。





アイガモ農法って?

アイガモ農法ってご存知でしょうか?
アイガモの力を借りて稲作を進めていく農法です。
稲を収穫するまでの間、田んぼには雑草が生え、害虫も発生します。
田んぼにアイガモを放すことで彼らにそれを食べてもらい、駆除していくやり方です。
またアイガモのふん尿は肥料にもなるということです。
この方法は、完全無農薬ではありませんが、かなりの減農薬になります。
簡単に言うとこんな米作りの方法です。


心がけが悪いのか、放鳥式と同じように
お天気が悪いです。
海ほたるを出て木更津へ・・・


収穫祭を始めるにあたり、
村の担当者の方から本日の流れについて、
また村長さんのお話などを10分程度伺い、
さあ、田圃にGO!
小さなお子さんや年配のご夫婦など
いろいろな年齢の方が参加していました。


田圃に到着。こんな風にみんな並んで
仲良く稲刈りです。
「係の人の言うことはよく聞いてね!」


「誰、先に刈り取っちゃった人!」


稲穂が重そうに頭を下げていますねぇ!


稲のアップ!新米だぁ!


配られた軍手と鎌で刈り取りスタート!


収穫体験後、コンバインによる
刈り取り作業見学の予定でしたが、
皆さん、何を聞いていたのでしょう。
収穫後、ドンドン来た道を帰っていきました。
朝の予定では、おおまかな流れしか説明されていないのに、
どこ行くのぉ?!
皆さん、勝手に行動して係りの方が
あたふたしていました。
(個人的には、こんな状況メグおばちゃんは許せません。)




それでもなんとか、田圃から畑に移動した参加者たち・・・
A班B班に分かれて、さつまいもと落花生の収穫体験です。

私はどちらも初体験!この年になるまで、芋掘りをしたことがありませんでした。まして落花生となると・・・




ラインで区切られているところが
一家族分です。4株です。


根が張ってます。
この頃には、お天気も回復して汗だくでした。
腕はJ氏よっ!私はカメラマン!(笑)


はい!こんなに大きなお芋が掘れました。


「はーい!皆さん次は落花生掘りですよぉ!」


なぬっ?ハズレ?やせてない?落花生!


いいえ、こんなものも収穫出来ました。


無造作に転がしてありますが、
お持ち帰り自由な冬瓜です。デカイなぁ!




こんな感じで、収穫祭は終了です。

長生村ではお昼もご馳走になりました。お土産もいただきました。


収穫祭についてのお話はまだまだ続きます。


よろしかったら、また覗いて見てね!

コメントの投稿

非公開コメント