01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

◆神奈川宿とヘボンさん!

2008年 10月30日 10:55 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです!
ここのところ、秋が深まってきたなぁと感じる横浜です。

先日、神奈川宿歩きで行きそこなったポイントがどうしても気になって一人で歩いてきました。

前回の神奈川宿歩き(旧東海道)はこちら   ↓ ↓ ↓


今回は、JR東神奈川駅から横浜駅まで歩きました。(横浜市神奈川区が推奨するコース)

まずは、神奈川宿歴史の道松並木沿いに・・・

平安時代創建の金蔵院や江戸時代に栄えた熊野神社を見学しました。
このあたりは、住宅や会社などが多くもはや昔の様子を残すところはありませんでした。
かろうじて案内板には当時の様子が分かる絵が描かれていました。

                                 松並木








高札場。
幕府が定めた掟や注意事項が細かく書かれている。
一般の人向けの掲示板。(復元されている)


【成佛寺】
こちらのお寺は幕末、横浜開港時にアメリカ士官や宣教師の宿舎となった所です。




こちらのお寺の本堂に開港当時ヘボンさんが住んでいたそうです。

ここでちょっと・・・

ヘボンさんって誰?


1815年にアメリカで生まれた人で職業はお医者さま。
お医者さまでありながら、聖書を熱心に読み、キリスト教を心から信じる人だったそうです。
彼は、医師としてより宣教師としての人生を選択し、日本にやってきたのでした。
時は、1858年・日米修好通商条約が締結された翌年でした。
当時、日本ではキリスト教は禁止。また言葉も解らず彼は大変苦労したそうです。

しかし、日本で生活するうちに、近代日本の発展に大きな影響を与えるまでになったのでした。
そう、皆さんも聞いたことがあるのではありませんか?(パスポートの申請の時など・・・)


ヘボン式ローマ字

ヘボン式ローマ字の生みの親なんです。(ローマ字の基礎となるもの)

そのほかにも、聖書の翻訳、和英辞典の編纂、医術の普及・・・いろいろな面で貢献したようです。
また、フェリス女学院・明治学院の設立にも関わったそうです。

彼は診療所も開き、診察もしていたそうですが、初めは身振り手振りで・・・
誤診はなかったのかなぁ?!心配になります!

こちらは彼が診療所を開いたとされるお寺です。↓  ↓  ↓








現在は超近代的な建物です。
ちょっと雰囲気がないので、写真は小さくしました。(笑)

訪れる順序が前後してしまいましたが、次は・・・



【浄龍寺】


由緒あるお寺らしいです。


しかし・・・

石碑が隠れちゃってますね!
神奈川宿巡りのコースになっているのに
なんじゃ?これ!!!
こんな風になっている事情を
お寺に聞きたいくらいです。(怒)

史跡 イギリス領事館跡です。







神奈川宿の中心部は、ほぼ回りました。コースガイドには出ていなかった場所もいくつかありましたが、
それは、また機会があったらということにしようと思います。

歩道橋を渡り、国道の反対側に行ってみました。
神奈川宿巡りのコースにも入っている、ポートサイド公園へ・・・

こちらは、旧東海道の和のイメージとは、正反対!現代的です。しかもが付いちゃいます。(笑)
昼間の散歩は、もちろんのこと夜景が綺麗だそうですよぉ!
横浜夜景50選に選ばれています。









JR東神奈川駅から横浜駅まで、風もさわやかで気持ちよく歩くことができました。
身近な所にも意外な発見が・・・
これからもメグおばちゃんの横浜探訪続けていこうと思います。
記事になるとき、ならない時・・・記事になるようなことがあったらまたお付き合い下さいね!(強引です。私!)


丁度この一人散歩が終わるころ、娘から電話が入りました。

そして・・・待ち合わせて・・・





じゃ今日はこのへんで・・・ 


コメントの投稿

非公開コメント