01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

★建長寺 (鎌倉五山 第1位)、龍峰院・妙高院

2009年 05月13日 16:16 (水)

こんにちは!メグおばちゃんです。
なんだか全国的に少々気温が高いようですねぇ!
今日は、上空では空気が入れ替わり、さわやな感じになるとたしか天気予報で言っていました。
でも、やっぱり予報は予報のようです?!(笑)ちょっと湿度が高いです。

今日は、またまた5月3日に私たちが鎌倉三十三観音巡りをした時に時間を戻します。

いよいよこの鎌倉三十三観音巡りのプチ巡礼散策も大詰めを迎えました。
【北鎌倉】にあり、また鎌倉を代表するお寺を巡って【結願(終了)】となります。


【建長寺】

こちらは、鎌倉五山第1位であり臨済宗のお寺です。

以前、天園ハイキングコースを歩いた時にもこちらのお寺に寄っています。
その時の記事→http://blogs.yahoo.co.jp/mgmg3422/46457927.html

 臨済宗建長寺派大本山。鎌倉五山第一位。北条時頼が宋から高僧蘭渓道隆を招いて1253年(建長5)に創建。日本で最初の禅寺。別名「巨福門」とよばれる総門、梵鐘、後深草天皇の宸筆の額を掲げた山門、仏殿、方丈(龍王殿)、夢窓国師作の心字池、半僧坊がある。   鎌倉TODAY より

とても広いお寺なんですよ!またまた分かりづらいですが、境内の地図を・・・





今までのお寺では、一つのお寺で一つの御朱印をいただいていました。
しかし、こちら建長寺では、小さなお寺がいくつもあり、その中で観音様が安置されているところが、
建長寺本体以外に二つあります。(赤い印のところがその二つです。・黄色の丸は他の小院)
その小さなお寺は塔頭(たっちゅう)と言い、禅寺で高僧の没後、弟子が墓所を守るために建てた庵です。
また大寺院の高層が隠退したときなどに、
弟子が寺近くや境内に子院を建てて住んだとされています。
それが現在まで続いて、このようにお寺の中にお寺のような形になっているというわけですね!

この説明では十分ではありませんが、簡単に言うとこんなことになります。

そうしてみると、境内にはいくつかの小院があります。つまり大きなお寺であることが、
このことからも分かりますね!



      建長寺の三門です。写真は、2008年11月のものです。 ↑





建長寺でいただく御朱印は、はっきり言って事務的です。
しかし、それは参拝客の多さから仕方がないことかもしれません。
拝観料を支払ってそちらで書いていただきます。拝観する前に御朱印をいただくのもなんだか・・・
でもこちらのシステムですから・・・(笑)

中年の女性の担当者が書いて下さいました。



なかなかダイナミックではありませんか!男性的な印象です!



さて、建長寺の境内にある、あと二つの観音様がいらっしゃるお寺を訪れてみましょう。



【龍峰院】

鎌倉三十三観音巡り・第二十九番札所。
建治2年(1276年)北条時宗の持仏堂として創建。その後、徳治2年(1307年)に塔頭になる。

こちらのお寺は、御朱印をもらう人のみが入ることを許された所です。
なんだか特権みたいで、ワクワクします。
だって固く閉ざされた?門を簡単に開けて入ることが出来る私たちです。(本当は木戸で、簡単に開きます。)
でもセキュリティは異常にしっかりしていて、表の戸を開けただけでチャイム・・・
奥の玄関付近を歩けば、またコンビニみたいなチャイム・・・
防犯カメラもあちこちにありました。



【禁出入】の文字が見えます。右の方から中へ進みます。
私たちを不心得者のように見る視線が気になりましたが、
入らなきゃ御朱印はいただけませんので・・・また門を出るときも「なんで?」という視線を浴びました。(笑)




  左の写真が本堂です。中は見られません。       本堂から門を・・・新緑が綺麗でした。↑

さてさてこちらの御朱印は・・・  




こちらはどなたか書いたものかは不明です。ただ受け付けて下さったのは、若いお坊さんです。





最後は、入口近くにある妙高院です。
とても分かりやすい所にあったのに、見過ごして探しまくりました。
静かに観音巡りをしていたはずが・・・ちょっと汗が出ました。




【妙高院】

鎌倉三十三観音巡り・第二十七番札所。
建長寺二十八世住持肯山聞悟の塔頭。創建は貞和2年(1346年)。




こちらも御朱印をもらう人だけが入ることができます。
この日、本堂の扉が開いていたのですが、何かの法要が始まるのでしょうか、
覗こうと思ったら、閉められました。(><)

こちらの御朱印は、そうですねぇ!50代でしょうか?!女性の方が書いて下さいました。


女性的な文字ではないでしょうか?!
人と文字・・・どんな人がどのような字を書くのか?ってちょっと興味がありますねっ!


建長寺で三つの御朱印をいただき、残すところ私たちの観音巡りの散策も
あと二つのお寺を残すのみとなりました。さあ、次は・・・



建長寺で撮ったお花の写真を最後に載せて今日は終わります。





下の写真は夫J氏の自信作です。

最近、我が家庭菜園にが多く出没するせいか、どこに行っても虫の存在が気になるJ氏です!(笑)

コメントの投稿

非公開コメント