01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪老舗とんかつ屋さんと資料館 (横浜・山手)

2009年 05月21日 15:30 (木)

こんにちは!メグおばちゃんです。
気持ちのいい風が吹いている本日の横浜です。
週末はまたお天気が悪いらしいですね!「なんで?どうして?」なんて思ったりします。

今日のお話は、先日一人散歩で出掛けた横浜・山手辺りの記事になります。

私は年に何回かこちら山手をブラブラします。
西洋館を見たり、お茶したり、豪邸を見たり・・・
一昨年からは、横浜山手・西洋館のクリスマスなんてイベントなども楽しんだりしています。
でもね!一つだけ入ったことがない西洋館があるんです。

それは外人墓地の前にある・・・

★ 山手資料館 ★



旧中澤邸。
この建物は、横浜・戸部の大工によって中澤邸として本牧に建てられ、1929年(昭和4年)に横浜・諏訪町の園田邸に移された後、1977年(昭和52年)に現在地に移築された、横浜に現存する明治時代の唯一の木造西洋館です。 http://maskweb.jp/ 近代建築散策より


こちらは、他の西洋館が無料なのに対して、有料です。
だから今まで寄らなかったわけではないのですよ。(笑)
なんとなく、ただなんとなく・・・
今回は時間があったので、思い切って入館してみました。

建物の前にはバラのお庭があります。これはいい香り&綺麗なバラでした。
山手資料館の内部は思ったより狭い感じを受けました。
横浜開港当時の資料や、品物が並べられていました。

その中に、来館者が記帳するノートの表紙に面白いことが書いてありました。

この明治時代に建てられた西洋館が他の地域からこの場所に移築されたのは、
昭和52年、横浜にある老舗(創業82年)とんかつ屋さん【勝烈庵】の50周年記念事業でのことでした
私にとっては意外な事実でした。
山手十番館(フレンチレストラン)の敷地内だし、元々個人のものだったんですね!
知らなかったぁ~!(笑)慣れ親しんだとんかつ屋さんが横浜の歴史に関わっていたとは・・・











建物の前庭のバラの写真を撮る人は多いのに、入館者は平日のせいか少なかったです。
受付の方とちょっとお話させていただいたのですが、
「御近所の方でも入ったことがない人が多いんですよ!」と・・・

「そんなものなんだ!」と思いながら、また歩きだしたメグおばちゃんでした。



コメントの投稿

非公開コメント