01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪裕ちゃんの眠る寺 (鶴見 総持寺)

2010年 01月22日 17:03 (金)

ハイハ~イ!メグおばちゃんです。

春のような気温の日もあっけなく終わり、また寒くなってきた横浜です。
皆さんのお住まいのエリアはいかがでしょうか?!
本来、1年で一番寒いはずの時期ですものね!寒くて当たり前・・・
昨日、ニュースでインフルエンザワクチンが余って困っていると医療機関の方が嘆いていました。
騒ぐだけ騒いで、うまい具合に使われることもなくなんだかねぇ~!と思いました!
いろいろな不備、医薬関係の諸問題があったのも事実と聞いていますが、
最近のマスコミ報道はなんだか暴走していませんか?!何かあるとまるで煽るような印象さえ・・・
正しく冷静にお願いしたいものです。

さて、本日のお話は・・・
臨港パーク・瑞穂埠頭を巡り
次に私たち夫婦が行ったところは、鶴見にある【曹洞宗大本山総持寺(そうじじ)】です。

こちらは、JR鶴見駅からほど近い場所にある大きなお寺です。
初めて訪れたのですが、かなりの大きさにびっくりでした。

夫J氏などは、ほんの一山?越えた近くの町で育ったにもかかわらず、訪れるのは初めてだと言っていました。

元々は石川県能登にあった歴史あるお寺が、
明治31年春、その地で火災に遭い、こちら鶴見に移ってきたのだそうです。

明治38年5月、本山貫首となられた石川素童禅師は焼失した伽藍の復興のみでなく、
本山存立の意義と宗門の現代的使命の自覚にもとづいて
大決断をもって明治40年3月に官許を得、寺基を現在の地に移されたそうです。(一部【総持寺】HPを引用)


お寺の起源はかなり古いのですが、関東では新顔の大寺院のようですね!












【百間廊下】と呼ばれています。東西の建物がこの廊下で結ばれています。



152mある廊下だそうです。(写真はその一部です。)
修行僧でしょうか?!朝のお掃除を終え、十数名がこの廊下の奥のお部屋へ移動する姿を見かけました。
この廊下、毎日雑巾がけをしているそうです!ぴっかぴかでしたよ!

いろいろな建造物を見学したあと・・・

【総持寺】と言えば・・・

あの石原裕次郎氏のお墓があるお寺としても有名です。
せっかくですので、もちろん寄りました。
いつもお花が絶えないという永遠の映画スター石原裕次郎氏!
前回の力道山と同じように、私はリアルタイムでカッコよかった裕ちゃんの姿は知りません。
あの刑事ドラマのちょっと太めになった彼しかねっ・・・(笑)



←あっちこっちにこのような立て看板が!




さすがに角のいい場所にお墓はありました。お花もいっぱい!朝一でお掃除担当の方がお仕事していました。
青いバケツが見えますか?!(笑)


見所いっぱいの【総持寺】でしたが、思いつきで寄ったので、全部見ることができませんでした。
次回はもう少し、お勉強してからと思っています。
日本一の大黒様も見逃してしまったんです。お楽しみはまたの機会に・・・(笑)



この男性!何をお参りしているのでしょうか?景気回復、世界平和それとも坐骨神経痛の完治か?

あなたは初詣で何を思い、何をお参りしたのでしょうか?そんなの言えるわけないよねぇ!(笑)

ちなみに、今年の【総持寺】の節分行事のゲストは・・・白鵬関、石原軍団、デヴィ夫人だそうです。




じゃ、今日はこのへんで・・・

コメントの投稿

非公開コメント