01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪陣地取り (旧城ヶ島分校 海の資料館)

2018年 01月27日 17:29 (土)



50代後半の方はこんな机を見たことがあるのではありませんか?



私が小学校に入学した当時は、こんな二人用の机でした。
「真ん中の線から出ちゃダメ!」なんて陣地取りした覚えがあります。


今どきこんなレトロな机が見られる場所が、
三浦半島の城ヶ島にあります。

何度も城ヶ島に通っているのに、
初めてこちらへ立ち寄りました。
噂で聞いたことはあったのですが、
「ここだったのかぁ!」という感じでした。







奥の赤い屋根の建物が三崎小学校城ヶ島分校です。
昭和6年9月に建築された建物です。
関東大震災以降、
昭和の初期に建てられた学校建築として現存しているのは、
ここのほか、鎌倉の御成小学校など2~3しか残っていないそうです。

昭和45年まで使われていた小学校です。
ちょうど私が小学校6年生の頃、廃校になったようです。







廊下はかなり老朽化していて、かなりキューキュー、ギーギー。
どうかしたら廊下が抜けそうです。
私の体重のせいですか?
いえいえ、老朽化のせいです。





窓ガラス・机・オルガン・・・レトロ感いっぱいです。






他の教室は、城ヶ島の業業についての展示室となっています。





城ヶ島は漁業中心の生活ですからね。
伝統的な漁具が並べてありました。



漁業の基本、網です。



タコツボ




アセチレンランプ
どんな使い方なんでしょうか?




こちらは木造の和船です。
この船に二人で乗って、覗突漁(みづきりょう)をします。
城ヶ島の伝統漁業は、夏は男性の海士さん、
冬はこの船に乗って漁をしたそうです。

ここで、以前お話したのあの場面を思い出しみましょう。(笑)
↑クリック



現代では木造船ではありませんが、覗突漁はまだ行われています。
(主にサザエやアワビ漁)



小さな分校の中に、城ヶ島の歴史が詰まっていました。
なんだか新鮮な気持ちになりましたよ。

分校にはスタッフの方がいらして、
案内をして下さいます。


懐かしい雰囲気に触れたい方、
城ヶ島についてもう少し深く知りたい方には必見の場所です。




分校前の「海南神社」からの景色。
対岸は三崎になります。



開館日は日曜日・木曜日です。

もう少しうまくアピールして、
多くの人に知ってもらってもいいような気がしました。



本日は、<旧城ヶ島分校 海の資料館>のご紹介でした。


じゃ、今日はこのへんで・・・




コメントの投稿

非公開コメント