04月 « 2020年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

♪山手一人歩き ③

2010年 06月24日 15:41 (木)

梅雨の晴れ間となっている今日の横浜です。
昨日までの蒸し暑さも少し和らぎ、
頬にあたる風がちょっぴり爽やかな感じさえする6月24日の午後です。
 
さてさて山手一人歩き今日で三回目となります。
「もういいよぉ~!」と思われる方は、即スルーで・・・
「あら、また何か良いものでも見てきたの?」と思われる方限定でお話を進めていきますね!(笑)
 
【エリスマン邸】の喫茶コーナーで一休みした後、
今度は少し違った角度から山手の景色を・・・
 
エリスマン邸のすぐ裏側に西洋館の光と影のような所があります。
 

 

 

 

 
 
関東大震災で倒壊した西洋館の地下部分の遺跡です。
 
鉄柱の補強がなされたレンガの3階建て、
床面積180平方メートルの浄化槽を備えた建物だったそうです。
 
土台部分だけでも立派な建物ものだったように見えますね!
1984年、山手の元町公園の歩道工事中に大量のレンガが発見され、
その後、堀り進むうちに山手80番地にあったこの建物の跡が発掘されたとのことです。
 
調査によると、この建物は1917年頃建てられ、
その後、この西洋館の主が留守中に関東大震災が起こり、
彼の妻は、震災で命を落としたということです。
それをきっかけにこの館の主も消息不明になったと言われています。
 
タイルの床・・・なんだか生活感が今でも感じられますね!
 
 
ブラフ山手80番館の存在は知ってはいましたが、
詳しく調べたのは今回が初めてでした。
 
 
 
さて、次に私の目に入ってきたものは・・・
 
【えの木てい】です! ↓
 
 

 
こちらのお店も立派な西洋館です。
1927年に建築され、かつて外国人居留地だった
山手に残る歴史ある西洋館なのです。
 
以前、娘とお茶とケーキで一休み・・・
数年後にクリスマスイベントで西洋館巡りをした時に、
やはり娘とランチをしたお店です。
ランチの様子→
最近はとんとご無沙汰です。
元々有名なんですが、時間的なものなのでしょうか?
いつも混んでいます。
それに、西洋館の喫茶コーナーのスタンプカードを持っているので、
つい休憩は、【外交官の家】か【エリスマン邸】になります。
ちなみにどちらも共通のスタンプカードです。(笑)
 
 
【えの木てい】のすぐそばに、
山手西洋館巡りの中の【山手234番館】の建物があります。
 
こちらは、1927年(昭和2年)に日本人の建築家によって建てられた
外国人向けの共同住宅です。
 

 
こちらの西洋館の<花と器のハーモニー>におけるテーマは・・・
 
★ 瞬(とき)~豊かな記憶・祝のかたち~ ★
 
多くの人が過ごした、山手234番館・・・
そこで行われていたであろう様々な<お祝いの儀式>へ思いを馳せ、
イメージをふくらませた展示となっています。
 
言葉で表現するより、見た方が早いです!
結婚・出産・・・・のイメージですかね?!
 

 

 

 

 

 

 
こじんまりとしていて、現実の世界とそれほどかけ離れることなく、アットホームな感じが
伝わってくる飾り付けでした。
 
やはり女性の関心は結婚式にあるのか、多くの女性の方々が
じっくりと眺めていらっしゃいました。
 
 
 
【山手234番館】出ると、すぐに外人墓地が見えてきます。
 

 
以前にもお話したことがありますが、
亡き父と子どもの頃からたまに、このあたりを歩いていました。
 
現在、私が年に何回ももこの辺りをうろつくことを父はどう思っているのかしら?なんて・・・(笑)
今となっては、外人墓地、港の見える丘公園は、父との懐かしい思い出です。
 
 
 

 
 
さてさて、西洋館巡り<花と器のハーモニー>
西洋館2館を残すだけになりました。
 
「もう終り?」とか「まだあったの?」とか・・・
 
感想は様々でしょう。(笑)
 
 
なんだか書いてるうちに一人で盛り上がっちゃって、
またまた長い記事になりました。(汗)
 
本日もお付き合い下さいまして誠にありがとうございましたっ!
 
「最後まで付き合ってやろう!」と思って下さる方、歓迎します・・・(笑)
 
 
 
 
じゃ、今日はこのへんで・・・
 
注) この<花と器のハーモニー>のイベントは6月20日で終了しています。

コメントの投稿

非公開コメント