01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

♪童謡『通りゃんせ』の碑(国府津)

2019年 02月15日 15:29 (金)


『通りゃんせ』は、多くの日本人が知っている童謡ですが、
今回はその発祥の地と言われている
小田原市・国府津にある<菅原神社>を訪ねてみました。

こちらは、学問の神・菅原道真公を祭神としている神社です。





特に菅原道真公がここに立ち寄ったというわけではないようです。






紅梅が咲いていました。




道真公とゆかりの牛。彼は、牛年だったとか・・・


この小田原エリアには、「曽我兄弟の~」のようなものを見かけます。


そして・・・





「通りゃんせ」は箱根の関の行き来を歌ったものだという一説があるそうです。
国府津は近世・東海道が箱根の関へと向う本道と
「裏関」である足柄峠の関へと向う道との分岐点でもあったとか。
「天神様の細道」は足柄峠の裏関への道を暗示しているのかもしれないそうです。



しかし、

埼玉県川越市の<三芳野神社>も「通りゃんせ」発祥の地となっています。


さて、その真実は・・・







通りゃんせ

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細通じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ






じゃ、今日はこのへんで・・・



コメントの投稿

非公開コメント