02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

♪俣野別邸庭園(旧住友家俣野別邸)

2018年 06月02日 17:49 (土)



横浜市と藤沢市の境にある<俣野別邸庭園>に行ってきました。
こちらは、2016年にも訪れていますが、
そのときは、自然豊かな公園だけでした。


今回は、復元された住友家の別邸【俣野別邸】が公開されて、
見学できるようになっていました。

こちらの別邸は、住友家の16代目当主が、
昭和14年に建てた個人の邸宅です。
昭和初期に流行った和洋折衷建築となっています。
1998年頃までは、住友家に縁のある方がお住まいでしたが、
2000年に相続税の関係で建物と敷地は、物納となり、
国の所有となりました。




管轄が国に移り、2004年には国の重要文化財に指定された建物でした。
その後、修復工事を経て、一般公開を目指して工事していた最中、
2009年不審火によりかなりの部分が消失してしまいました。
(大磯の吉田邸が焼失したのと同時期)




一般公開された現在の建物は、
復元部分が多いためか、
モデルルームのような印象を受けますが、
建物の形、お部屋の内部などは、
昭和14年頃を忠実に再現しているそうです。

また、窓枠や一部の部品や装飾品は、
火災時、主屋とは別の倉庫に保管してあったため、
焼失を免れています。



残念ですね。火災・・・























2階のこのお部屋からは、
お天気の良い日には富士山が見えるそうです。
資料に基づいた材料を使って復元されています。














書庫・・・こちらは元々の材料を使っての復元






なんとも贅沢な建物と緑豊かなお庭!
このほか、使用人の居室なども備えた造りとなっています。
(食堂・調理室・納戸などを除いてお部屋は12~3 あるようです。)

昔の食堂は現在カフェとして使われています。
とってもいい雰囲気で、
当時の主の気分に浸れそうなお店でした。

私はぜひ寄ってみたかったのですが、
休日の夫J氏は、コーヒーで一休みより、
一刻も早く自宅に帰って焼酎でも一杯の方が好きです。
そのため今回は、見送りとなりました。
私一人だったら、絶対にお茶してましたよ。絶対!



次は、2016年に訪れた時にも散策した外苑です。
相変わらず緑が豊かで人も少なく、
気持ちの良い空間です。




紫陽花の散策路があり、紫陽花が咲き始めていました。









小さなバラ園もあります。







広さ 5.8ha

2016年の記事では3~4haと書いていましたが、
もっと広いようです。


横浜市戸塚区東俣野町80-1

庭園  午前9時~午後5時
 本邸 午前9時半~午後4時半
邸宅見学は、入場料 400円



お気に入りの場所のご紹介でした!



じゃ、今日はこのへんで・・・

コメントの投稿

非公開コメント