10月 « 2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

箱根美術館の秋・・・苔庭編

2019年 11月11日 16:14 (月)

 
こんにちは!メグおばちゃんです。
天皇陛下・皇后両陛下の「祝賀御列の儀」のパレードも
無事に済みました。
お天気もよく、良い日でしたね。

そんな昨日、メグおばちゃん夫婦は、
そろそろ紅葉が気になって、
箱根へ行ってきました。

箱根といえば日本でも屈指の観光地です。
そんな箱根も台風19号では大きな被害を受けました。
一番の痛手は、
やはり箱根登山鉄道の復旧の見込みが立っていないことです。
線路が土砂で流されていますからね。
現在は代行バスが、観光客を運んでいます。

そんな状況ですから、この時季にしては、
かなり空いた箱根という印象でした。
箱根を楽しむための要素になっている
箱根登山鉄道の存在の大きさを感じます。


さて、私たちといえば、車利用でした。
少し迂回する場所もありましたが、
だいたい普段通りに強羅まで行くことができました。

目指すは<箱根美術館>です。
こちらは、一面苔むすお庭と紅葉、
日本や中国の古陶磁器などを展示した美術館として有名です。


2019 箱根


午前9時半開門

開門前から列が二箇所に出来ていました。
一つは、入場券売り場を待つ列、
もう一つは、招待券やネットでチケットを手に入れた人の列。
私たちはネットで購入していたので、そちらへ・・・
ネットでチケット購入の場合は200円割引ですし、
その列から開門とともにすぐに入園させてもらえます。
しかし、昨日の場合、それほど長蛇の列ではなかったので、
お得は割引くらいでした。


さて、満を持しての入場です。(←大袈裟ですね。)

案内の方が「まずは苔のお庭へお進み下さい。」と・・・


ステキですよ、自慢の苔のお庭!
緑の苔が光を浴びて、綺麗でした。


2019 箱根


近くで見てみると、まるで木々のミニチュアのようです。

2019 箱根



2019 箱根



2008年8月に女二人旅でこちらの施設を訪れた時に見た、
苔の手入れの様子↓

2019 箱根

草やゴミを取り除くのでしょうか?
細かい作業で、苔の庭の美しさを保っているのでしょう。

2019 箱根



2019 箱根


苔と紅葉のコントラスト、風情ある庭造りをしばし、楽しみました。

次回は、箱根美術館の秋・・・紅葉編を載せたいと思います。


じゃ、今日はこのへんで・・・

写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

被災地の<道の駅>に行ってみた。

2019年 11月08日 18:11 (金)


暦の上では「立冬」を迎えました。
本格的に冬へと向かう時季です。
夕暮れは、なんとなく寂しい気持ちになります。
暗くなるのも早いし、夜は肌寒い感じですからね。



さて、先日、台風15号で大きな被害を受けた
千葉県に行ってみたメグおばちゃんです。
(富津→鋸南町→南房総市)

観光したり、産地で採れたものを買ったりすることも
支援になると言いますが
私は行くこと自体、申し訳ないような気がしていました。
しかし、人が訪れて、賑わうことこそ、
現地の人は励まされるのかもしれない・・・それも一理あるかも。



まずは、<道の駅とみやま>から。

千葉道の駅


↑こちらはメグおばちゃん夫婦のお気に入りで、
よく利用しています。

この日は生憎のお天気でしたが、
それでもお客さんがいっぱい!

農産物あり、メジマグロの大安売りあり、
射的などのイベントも行われて、にぎやかでした。

私もさつまいもや里芋など千葉県産のお野菜を数点買いました。
夫J氏は、メジマグロ1尾300円に心惹かれていましたが、
二人暮らしでは、量が多そうなので、断念!
その日は大漁だったそうです。

そしてこちらでのお楽しみは、つみれ汁!
この日も食べました。

千葉道の駅


以前にはこんなものも・・・↓

千葉道の駅

さんが焼きやおにぎり・・・簡単に食べられる美味しいものがいろいろあります。


小休止して、次の道の駅へ・・・


房総半島を南へ行けば行くほど、
テレビでもよく報道されているブルーシートの家屋が、
徐々に増えていきました。
報道で見るよりもより、人々の生活感を身近に感じると、
気の毒だという気持ちより・・・
胸が締め付けられるような思いになりました。

お隣りのお宅はなんともないのに、
すぐお隣りは、屋根が破損してブルーシート・・・
「なんでうちだけ・・・」なんともやるせない気持ちにもなったでしょう。
「これからどうしよう。」と途方にくれたでしょう。

すでに目に付くところの片付けは済んだのでしょうか?
私たちが通った大通り沿いにはゴミのようなものは見えませんでした。

瓦屋根の修復はなかなか困難なようです。
一日も早く、修繕できますように・・・



次は、南房総方面へ車を進めました。

areamap.png
ちらから地図をお借りしました。




<道の駅 とみうら枇杷倶楽部>

千葉道の駅
写真は、こちらのHPからお借りしています


↑の写真は、道の駅とみうらの「枇杷倶楽部」という建物ですが、
現在は、屋根最上部は骨組みだけになっていました。
その下にあるカフェレストランは場所を縮小して営業していました。


<道の駅とみうら 枇杷倶楽部>の頑張りの様子はこちら

私たちは、枇杷倶楽部の隣の建物の<物産館 とみうらマート>で昼食を。

千葉道の駅
私はお刺身定食

千葉道の駅
夫J氏は、たしか欲張り定食?
品数が多くて、満腹間違いなし!


仕上げは、濃厚びわソフトで・・・
濃いです。美味しいです。

千葉道の駅

試食用1カップ100円
食が細くなった?老夫婦にはありがたいサイズなのであります。

こちらの道の駅でもお野菜やお土産物を買いました。




千葉・長野・福島・宮城・・・
多くの場所で、多くの方々が被災した今年の秋の大型台風でした。

まだまだ、復旧・復興までには長い時間がかかりそうです。
私など、
被災地でお金を使うこと、少額の寄付くらいしかできませんが、
そのことプラス、今回の台風被害のことを忘れないことが大事かなと思いました。




じゃ、今日はこのへんで・・・



写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

【東京湾観音】潜入レポート

2019年 11月06日 16:40 (水)

こんにちは!メグおばちゃんです。
毎日最低気温が下がってきています。
どんどん秋が深まっている今日この頃です。



本日のお話は・・・
先日、訪れた千葉話の続きです。


【東京湾観音】

以前から、気になっていた千葉のビューポイントです。
標高124.3mの大坪山の山頂に
白く背の高い観音様が東京湾に向かって建っていらっしゃいます。

061.jpg

観音様自体の高さは、56mあるそうです。
かなり遠くからでも角度によれば、
こちらの観音様は見えます。

以前は「新興宗教の怪しげな建造物?」かと思っていました。
まあ、たしかに新興宗教といえばそうかもしれません。
昭和36年9月に観音様が出来上がっていますからね。
(注・新興宗教を否定する気持ちはまったくありません。)


宗教的なことは別としてもこちらからの眺望は、
なかなかのものです。
しかも観音様の内部に入ることが出来る、
ありがた~い建造物なのです。


東京湾観音

さあ、いよいよ胎内に潜入です。

この日は午後から雨の予報だったので、
参拝客は、私たち夫婦だけでした。
こんな大きな観音様を「二人占め」です。

東京湾観音


東京湾観音

内部は螺旋階段になっていました。よく手入れされていて綺麗でした。
小窓からは、景色が望めますよ。

登りやすいのですが、目が回りそう!

所々に、胎内七福神参りの大黒様や弁天様が祀られていました。

314段を登りきると東京湾一望・・・と言いたいところですが、
この日は曇り空でしたので、そこまでの眺望は・・・

東京湾観音

上に行けば行くほど、狭くなっています。


東京湾観音


東京湾観音



東京湾観音

上層階では一部、外にも出られます。

東京湾観音

眺望は最高、お天気が良い日にまた来たい!


戦没者慰霊と世界平和のシンボルとして建立された【東京湾観音】です。
建立者と製作者の願いよ永遠に・・・



じゃ、今日はこのへんで・・・



写真日記ランキング



富津公園から見る、東京湾の要塞!

2019年 11月05日 16:55 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです。
朝晩の冷え込み具合がちょっと気になる季節になりました。
今年の秋の気候は極端で、
このままじゃ、日本から四季はなくなってしまいそうです。


さて先日、千葉に行ってきました。

まずは、富津公園から・・・

東京湾の大型船の行き来は、
大小あわせて1日約500~600隻といわれています。
私は、そんな様子をいつもは三浦半島から見ていますが、
今回は千葉県の富津岬から眺めました。


東京湾観音

富津公園の先端にある<明治百年記念展望台>
五葉松をイメージしたらしいです。


東京湾観音




東京湾観音

さすがに眺めがいい!
この日は生憎のお天気でしたが、
お天気の良い日にはスカイツリーや富士山、三浦半島が一望できます。


東京湾観音

以前にも上ったことがあるのですが、
その時もお天気がイマイチだったので、富士山は見えませんでした。




そんな中でしたが、第⼀海堡・第二海堡はなんとか見えました。


blog_import_5c82efab574e9_20191105154905e81.gif
の辺りに注目です。


海堡(かいほう)とは明治から大正にかけて、
首都東京を防衛するため、
東京湾口部に海上要塞として造られた人工島のことです。

今からずっとずっと昔のことです。

第⼀海堡・第二海堡は、残っていますが、
第三海堡は、関東大震災でほとんどの施設が海中に沈んでしまいました。
そのことは、以前記事にしています。→


東京湾観音 
第⼀海堡

多くの人が工事に携わってそうです。
明治時代に、こんな技術があったのですね。



東京湾観音

第二海堡
こちらは、以前観光ツアーが行われていたようですが、
観光用に整備されていないので、中止になったと聞いていました。
しかし、ある旅行会社は、上陸見学ツアーをまた始めているようです。
興味のある方は、調べてみてください。



東京湾のこの辺り、美味しい魚貝類がたくさん獲れるそうですよ。
そこで、富津市では【海堡丼フェア】を開催中。
いかにも食べたみたいですが、
よんどころない事情で食べ損なってま~す!

kaiho20190722_2019110516485707f.png
なんか美味しそうじゃない?
(写真はこちらから




食欲の秋・・・
春には普通に着ていたブラウス、今朝久しぶりに着用する・・・
う~んなんか、きつい・・・
メグおばちゃんにとっては、要注意の秋・・・
まずい!



じゃ、今日はこのへんで・・・







写真日記ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ