08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

♪ベッドタウンの秘境を歩く!

2017年 09月26日 13:59 (火)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
秋が日に日に深まっていくようですね。
一雨ごとに・・・と言いますが、
今週の木曜日以降は、気温もだいぶ違ってくるとか・・・

食欲の秋・行楽の秋・読書の秋・・・
皆さんはどんな秋を過ごされるのでしょうか?



さて、本日のお話は・・・
9月24日(日)、
神奈川県秦野市を訪れた時のことになります。

私たち夫婦の神奈川探訪で小田急線の渋沢駅は、
キーポイントになっています。
今回も渋沢駅のパーキングに車を止めての里山歩きとなります。


まず、秦野市をご存じない方のために、
地図を載せておきます。

私が住んでいるのが横浜市から、
東名を使って秦野まで約1時間くらいでしょうか?

現在の秦野市渋沢周辺は、
都心への通勤圏内で新興住宅地もあり、
また昔ながらの田園風景もありといったエリアになっています。

参考にして歩いてみました。



渋沢駅から歩いて20分くらい山側方面へ歩いていくと、
「住宅地からこんなに近いのに何、この自然?」
という場所に到着します。

(写真は少し大きくなります。)


まずは、その日の安全を祈願しました。




ここから歩き始めます。




振り向けば、国道246号が見えます。(下流)





今が盛りの彼岸花やコスモス、
野に咲く草花を見ながら、
四十八瀬川沿いを上流に向かって歩きます。










足元が悪い所も一部ありますが、
道の整備も行われていて歩きやすいです。



川幅は狭くなったり、広くなったり。
河原へ降りられる場所もあります。



むむっ?誰の手?太っ!自撮り!















男郎花(オトコエシ)



ツルボと彼岸花



キンミズヒキ




ナンテンハギ


四十八瀬川沿いの草花には、


こんな風に名前が書かれているので、
助かります。




キンエノコロ
よく見るとエノコログサよりスマートな印象です。



お決まりのアゲハチョウ



四十八瀬川の下流で・・・



四十八瀬川と小田急線





川のすぐそばまで、住宅地が迫っているようには思えぬ自然!
彼岸花がたくさん咲く、四十八瀬川散策・・・
思い出がまた一つ増えました。



じゃ、今日はこのへんで・・・