07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

♪沼津御用邸記念公園

2017年 08月23日 14:09 (水)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
このところ、全国的に大気の状態が不安定ですが、
本日はお天気が良い横浜です。
お日様のありがたさを感じます。


さて、本日のお話は・・・

沼津の旅で最後に訪れた
【沼津御用邸記念公園】のお話です。

お出かけになったことがある方はその頃を思い出して、
まだ行かれたことがない方は、お出かけのヒントに、
サラっと読んでいただけたら、嬉しいです。



大正天皇のご静養のために造られた御用邸で、
昭和天皇や多くの皇族の方々が過ごされた場所でもあります。





一部、空襲で焼けてしまいましたが、
現在残った建物を見学することができます。




置かれている家具は、皇室で使われるものと
同じものがこちらでも置かれているそうです。
また、皇居の建物を移築した建物もあり、
「ふむふむ」と思うことが多々ありました。






静かにご静養される天皇や皇族の方々の
息遣いが伝わるようでした。




あらっ!こんな所に・・・」
どなたか川崎大師の風鈴市に行かれたのですね。




~調理場~

楽しみに観ていたドラマ「天皇の料理番」を思い出しました。




昭和天皇がお使いになっていたものも複製です。




こちらは本物です。


お子様だった昭和天皇は、
ここ沼津より葉山の方が、
「貝」が多いとおっしゃったとか・・・








本邸が焼けたあとは、
こちらの西付属邸で謁見が行われたそうです。
家具は皇室で使われているものと同じものです。
たたみに絨毯を敷く、和洋折衷スタイル。







館内の説明をして下さるスタッフの方も
しつこさのない適切な対応で好感がもてました。









同じような写真が2枚続きますが、
2枚目はガラス越しです。
あなたの目が悪くなったのではありませんよ。

昔の波打ったようなガラスが、
こちらでは昭和感を出すために使われています。

日本では現在このような波打ったガラスは作られておらず、
このガラスは、ドイツ製だそうです。









見学を終えて、西付属邸を出ると・・・







冷た~い湧水にも触れられます。





本邸の馬屋を改装した素敵なカフェもありました。





こちらで冷たいものでも
いただきたかったのですが、
残念!「準備中」でした。

↑<喫茶主馬>でお茶や軽食をいただけますが、
松林を眺めながらお食事ができる
そば処もあるそうです。


松林に囲まれて、
広くて静かな【沼津御用邸記念公園】は、
ゆったりした時間を過ごせる場所でした。



西伊豆にお出かけの際は、
立ち寄ってみるのもいいかもしれません。


最後に・・・


【沼津御用邸記念公園】前の海岸

島郷海岸は、ファミリー向けの海水浴場だそうです。
午前9時前でしたが、海水浴客の姿はなく、
釣り人も2~3人でした。
夏のハイシーズンなのに、こちら穴場感がありました。
(期間限定で今年は8月20日で終了しています。)

幼少期の昭和天皇もこの海岸で遊んだのでしょう。
激動の時代を生きた昭和天皇に、
ちょっと思いを馳せた8月14日(月)でした。



じゃ、今日はこのへんで・・・