04月 « 2016年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

♪女船頭さんと行く【十ニ橋めぐり】

2016年 05月07日 17:49 (土)



お天気が良い土曜日となっています。
気温もだいぶ上がったようですね。


さて、
本日は私のゴールデンウィークの思い出をご紹介しようと思います。

本日は5月3日に行った、
千葉県香取市の奥水郷観光【十ニ橋めぐり】のことになります。





水郷というと
茨城の潮来とか千葉の佐原(こちらも佐原の一部)
連想される方も多いかもしれませんね。
私もここ<香取の与田浦>という場所に
女船頭さんのお舟観光があることを、
まったく知りませんでした。

こちらは潮来と佐原を結ぶ、水路だったそうです。

ちょっと調べてみると、
昭和30年に美空ひばり主演の「娘船頭さん」が
映画化されたことで観光客が激増した場所のようです。

この水路の歴史は古く、
江戸時代からその存在はあったようです。


ごちゃごちゃ言ってないで、
早速、写真でご案内していきましょう。





この日は私たち夫婦の貸し切りでした!6500円也。


余談・ホントは船に乗るためにここに来たのではありませんでした。
この船着き場の横にある、
【水生植物園】を訪れるはずでしたが、
東日本大震災の影響で、
この施設は営業できなくなっていました。
今月末からやっと営業開始だとか・・・
女船頭のお孫さんの中学の校舎も被災。
体育館に逃げ込んだら、天井が宙ぶらりん・・・
意外に被害が大きかったのに、
マスコミでほとんど報道されなかった地域だそうです。








大きな水路を進むときは、エンジンをかけて進みます。
狭い水路では、手漕ぎで舟を女船頭が操ります。
70歳くらいの女性には重労働です。
後継者がいないのが、船頭さんたちの悩みのタネ!



あやめが咲いていました。




さあ、いよいよ【十ニ橋めぐり】の始まりです。
元々は個人個人の家をつなぐために、
個人がかけた橋とも言われています。



狭い水路を進みます。



ここで各家庭のお母さんがお野菜を洗ったり、
またある時は花嫁さんが舟に乗って嫁いだり・・・
水路が生活に密着していたそうです。
この水路沿いのお宅も何軒か、
地震の影響で崩れたとか!










橋には、風情のある名前がそれぞれついています。





子育て橋の近くには、子育て地蔵?観音?があったそうですが、
これもまた東日本大震災で被害を受けたそうです。



  

お~っ!私たちの舟より少し大きな舟が・・・





潮来からのお舟です。
違う観光協会所属ですが、
「お元気ですか?」と軽いご挨拶!
写真では水路の幅が広そうですが、
2隻通るのがやっとです。
というか、数回、壁面にゴ~ン!ですよ!(笑)



私たちはここの閘門(こうもん)までです。
この先は別料金だそうです。

先ほどの潮来からのお舟は、
ここの閘門を船頭さんが開けて千葉県側に来たということになります。
別料金ね。(笑)


50分の小さな舟旅・・・
メグおばちゃん大満足!



じゃ、今日はこのへんで!