07月 « 2015年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

♪塩竃料理 <翠松亭>

2015年 08月17日 20:00 (月)


旅と言えば「食」も楽しみの一つですね!
塩釜に1泊した私たち。
この日は朝食付夕食なしの宿泊プラン・・・
そこで夕食は、
塩竃料理<翠松亭>というお店に行ってきました。

特別に「塩竃料理」というカテゴリーがあるわけではないようですが、
地元塩釜・千賀の浦産の海の幸を使ったお料理が自慢とのことです。








私たちは二人とも夜の部<千賀の浦膳>を注文


イメージです。お店のHPの画像をお借りしました。




前菜



まぐろの尾の身の煮物・ひじきの煮物・ぎざさ(関東のアカモク)の酢のもの



これは別注文の生ホヤ
私たちは、大好きなんですよ。ホヤ・・・
美味しかった。満足!

夫J氏は、生ビールから浦霞へ・・・



ろうそくの灯りとともに・・・
店内はやや暗めでジャズが流れています。



見ての通りの茶碗むしです。なめらかぁ~!



メグおばちゃんもそろそろご飯にしましょうか!







地元食材を堪能できる、大人のお店でした。

お腹いっぱい!ごちそうさまでした!



ホテルに帰ってから、
宮城発祥の「生どら」も食べました。
満腹だったんですが、
懐しいそれをパクリ!

今でこそ全国にある「生どら」ですが、
宮城の洋菓子店・≪カトーマロニエ≫さんから生まれたお菓子です。

私たちが購入したのは、
「生どら」を全国区にした、
創業100年の老舗和菓子店・塩釜の<栄太楼>さんのものです。



今も昔も変わらぬ美味しさです。

♪常磐道を北へ・・・(旅・第1日目の1)

2015年 08月17日 18:29 (月)



お盆休みも終わり、
今日からまた通常通りの生活が始まった方が多いかと・・・
メグおばちゃんもそんな中の一人!
今日からまた仕切り直し・・・
お仕事を頑張ろうと思っています。

さて、本日のお話は・・・
このお盆休みに訪れた東北・宮城県のことが中心になります。

宮城県仙台市は、今から15年位前、
我が夫J氏がサラリーマン時代に3年間、
単身赴任していた場所です。
私もその間、何度か訪れたことがあります。

東日本大震災以後、夫J氏は仙台やその周辺地域のことを
気にしていました。
風光明媚な海辺の風景が失われたこと・・・
仕事仲間が被災したこと・・・
折にふれ、気にしていました。

いつかまた、訪れてみたい・・・そんな気持ちもあり、
震災後4年の今夏、仙台行きが実現しました。
物見遊山的な気持ちがまったくないと言えばウソになります。
しかし、今回は慰霊の気持ちを持ちながらの
旅にしていきたいと思いました。

  
★★


帰省ラッシュの渋滞を避けるため、
8月13日の午前2時過ぎに横浜を車で出発!

常磐道を北へ・・・

楢葉町・大熊町・浪江町・双葉町そして南相馬へ・・・
福島第一原発の事故のニュースでたびたび見聞きした地名。







除染作業で出た土砂でしょうか?
テレビで見たことのある黒い袋が数えきれないほど、
人けのない空き地に
きちんと並べられていました。
シートに覆われて・・・

雑草はどこでも同じで、この季節、
信じられないような生命力で、
その勢いをこの地でも見せつけていました。

ただ、あの日からとめどなく降り注ぐ見えない敵のために、
人々の生活と笑顔だけがことごとく、この地から奪われてたのでした。




ともすれば、時間の経過とともに他人事になっていく・・・
そんな自分の気持ちが、また2011年3月の時点に引き戻されました。
この地の人々の苦悩を100%理解はできないと思いますが、
そのつらい気持ちが人けのない集落から無言の圧力となって、
私にのしかかってきたような気がしました。

いろいろな思いとともに、このエリアを通過しました。




常磐道はさすがに早い時間だけあってスイスイでした。

午前7時には、宮城県塩釜市に到着!


まずは、夫J氏が大好きな卸売市場へ・・・
ここでは、よく魚介類を購入していたそうです。



お盆休み前日ということもあり、
すでに店じまいする店舗もありましたが、
多くの観光客や地元の人が訪れていました。



空いているように見えますが、
朝からお客さんが多く訪れていました。






本当だったら、美味しそうな魚介類を購入したいところ・・・
今回はまだまだ先がありますので、断念!


卸売市場をあとにした私たち夫婦は、
塩釜の【マリンゲート】へ・・・
こちらは松島観光の拠点であり、
松島湾の有人島へ向かう人のための船着き場となっています。
松島観光に行かれたことがある方は多いかも?





この【マリンゲート】の建物も津波の被害に遭いました。
↓こんなものがありました。



【マリンゲート】内の矢印の部分まで海水が来ています。

それでも港は震災から4年が経過していますので、
かなり回復しているように見えました。


この港からメグおばちゃんはどこへ?

松島観光は2~3回していますので、
今回は松島湾に浮かぶ小さな島々を巡ることにしました。




東日本大震災の際には、
松島の防波提的な役割を果たした浦戸諸島の島々・・・

島自体は津波による大きな被害を受けました。
しかし、そんな中でも亡くなられた方は少なかった島々です。

離島のため支援・救助が遅れたにも関わらず、
そこに暮らす人たちのチームワークで
つらい時期を生き抜きました。
そんな浦戸諸島を巡ります。




手前の船は松島観光船。
メグおばちゃんが乗るのは、その先の小ぶりな船です。


写真が全体に暗いでしょ?
お天気には恵まれませんでした。

傘持参の島巡り・・・いかに?



つづく





旅の備忘録として綴ります。
コメント欄は閉じています。
ご意見・ご質問がある場合はゲスブにどうぞ!