09月 « 2014年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

♪最後のバラ (大船フラワーセンター)

2014年 10月29日 16:29 (水)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
「朝晩、気温が低くなりましたねぇ!風邪ひかないようにねっ!」って
挨拶代りに言いまくっていたのに、
自分がまず鼻風邪をひきました。
食欲あり、熱なし・・・たいしたことはないです。


さて、本日のお話は・・・
10月26日(日)に訪れた
大船フラワーセンターでのお話です。

たぶん、まとまった秋バラを見るのは、
この植物園が最後になると思います。

時すでにちょっと遅し・・・
ピークは、過ぎていたと思います。


こんな風に咲いているものもありましたが、
バラの足元は・・・
こんな感じでした。




しかし、探しましたよ。
少しでも状態のよいバラを・・・




まずは・・・

プリンセスアイコ(京成バラ園)

あちこちのバラ園で見かけた方も多いバラかもしれません。
アイコ様も思春期を迎え、女の子らしくなりました。
これからは、ますます磨かれて大人の女性への階段を
少しずつ上られるのでしょう。





メンデルスゾ~ン!
もちろんあの作曲家ゆかりのバラです。
1997年ドイツの育種家により、
メンデルスゾーン没後150周年を記念して命名されたとか・・・
日本ではここでしか見られないようです。




ピンクのバラが続きますが・・・


桜貝(日本)

少々傷みが目立ちますが、名前のイメージはいいでしょ?
名前通りのピンク色でした。
元気な時に見てみたいと思いました。






花房(日本)

まとまって咲くタイプのようです。
鮮やかな赤が目を惹きますね!






ミラベラ(アメリカ)

このバラは、~相模原北公園~にもありました。
発色がいい、綺麗なバラです。






花霞(日本)

このバラは、~港の見える丘公園のローズガーデン~にも
たしかありました。
入口を入って右側だったかな?
春に出会って、秋にまたこちらでお目にかかりました。







マチルダ(フランス)

このバラは~横浜山手西洋館<外交官の家>~にもありました。
あちらでもこちらでも見ごろでした。
バラ栽培をこれから始めようと思う方に向いているそうですよ。
私はダメだけどねぇ~!
なんたって、植物をことごとく枯らす女ですから!






パット・オースチン(イギリス)

柔らかいオレンジ色で心惹かれるバラでした。
パット・オースチン・・・作り出した人の奥様のお名前だとか!
羨ましいこと!







伊豆の踊り子(フランス)

日本名ですが、フランスから誕生したバラのようです。







芳純(京成バラ園)

京成バラ園には、
オリジナルのバラのジャムやラスクの商品があるようです。
ちなみに京成バラ園では、多くのバラを作り出しています。





レオネ ラメッシュ(ドイツ)

小さくて可愛いバラです。
中輪・大輪のような華やかさはありませんが、
見つけた人を嬉しい気持ちにさせてくれるようなバラです。




ホワイトマスターピース(アメリカ)

いかにもアメリカ!
大きくて華やかです。大柄の金髪美人?






カウンティ―フェア(アメリカ)

おきゃんな娘たちってイメージかな?
「おきゃん」は死語ですね!
分からない人は検索してみてね!


たぶん、これが今年最後のバラ見物になると思います。
今年も色・形・香りを楽しみました。
バラ大好き!また来年の春に期待して・・・





今度の連休は、大船フラワーセンターは、イベントです。
「フラワーフェスティバルおおふな」


菊が主役かな?

昨年、メグおばちゃんは行っていま~す。→
今年は、別の場所に出没予定です。



じゃ、今日はこのへんで・・・