09月 « 2014年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

*嬉しいこともあるもんだ!

2014年 10月03日 00:00 (金)

 







介護・・・
とかく、暗く憂鬱なイメージが付きまとう。
介護する者の悩みや愚痴などが、
いろいろなところで取り上げられる。


私も老いた母に文句を言いたい時もある。

しかし、今日はそんなこととは異なり、
少し明るいニュースである。

母と同居を始めて、1ケ月半が経った。
以前、通っていたデイサービスにお礼のお菓子を送り、
親切にしていただいたことを母と語らう日々である。

そんなある日、元のデイサービスの方々から、
心温まる、優しい便りが母の元に届けられた。



7丁目美人とは、その施設でついた母への呼び名である。
すっかりその言葉に気をよくした母は、
週2回、デイサービスに機嫌よく出かけて行ったものだった。

それぞれの方(7人)の文面を読んでみると、
ホントに別れが残念だったことがよく分かった。

母もその施設では、
楽しくやっていたんだなと思い安心した。


そして、昨日・・・
現在、通っているデイサービスの方から、
自宅に電話があった。
なんとその電話に耳の遠い母が出て、
「デイの石塚さんから電話があったわよ!」
一応、そこまでの応対はクリアー!

その後、私が折り返し電話をした。
ちょっとドキドキ!
だいたい介護福祉士さんや看護師さんからの電話は、
何かあった時や良くない出来事の報告が多い。

しかし、今回は違っていた。

「お母様の歩行状況がとてもよくなっているので、
施設内では自由にご自分で動いていただこうかと思いまして・・・」

なんと付き添いなしで一人歩きして良いと・・・
杖は必需品ですが・・・


あらぁ、まぁ!

母と同居してから、
毎週日曜日にどこかへ母を連れ出し、
なるべく歩いているのが功を奏し始めたのか?

夫J氏と私にとってはちょっとした朗報である。



季節がら・・・
「柿生の家には、金木犀も銀木犀もあったなぁ~!」と
時々、実家のことを思い出す、
この頃の母である。