09月 « 2014年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

♪花菜ガーデンのバラ、いい感じ!

2014年 10月12日 21:41 (日)


神奈川県平塚市の【花菜ガーデン】に行ってきました。
バラ、見ごろになっていましたよ。
(コメント欄閉じています。)















♪イングリッシュガーデンのお花たち

2014年 10月11日 16:29 (土)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
台風の速度が遅いようですね!
本日は、まだ晴れている横浜です。

さて、早速ですが、
今日のお話は昨日の続きです。

初めて訪れた【横浜イングリッシュガーデン】のお話です。
こちらの施設は、2010年3月に、
【横浜バラクライングリッシュガーデン】として、
開園しました。

当時は、入園料1000円くらいだったと記憶しています。
(現在は500円です。)

当時は話題になったものの、
あまり良い噂を聞いたことがありませんでした。

自宅からそう遠くもないのに、
行ったことがありませんでした。

今回は、この台風でお花がダメになるかもという危機感もあり、
また夫J氏の勧めもあり、思い切って出かけてみました。

相鉄線・平沼橋駅下車。
線路沿いに歩くこと約10分弱。
大きな住宅展示場の中にあります。

朝10時開園と同時くらいでしたので、
まだお客さんは少し・・・
現在は、バラとコスモスが咲いているとのことでした。

しかし、このメインのバラのアーチは、
咲いていませんでした。
秋バラは咲くのでしょうか?
まあ、実際秋バラの見頃はもう一週間か10日あとだとは思います。
きっと咲いたら見事なんでしょうね!


*写真は少しだけ大きくなります。





バラとすすき・・・
あまり見かけないコラボですね!なかなか渋い!


バラの色も大人色で落ち着いています。




さらに散策を続けると、
雑然と植えられた雑多な植物・・・ん?何ここ?
一瞬、「自分は何を期待して来たんだろう?」と思いました。


でも、よ~く考えてみると、
ここは、イングリッシュガーデンです。
英国式庭園であり、バラを中心に、
風景をイメージして造られた空間なんですね!


私たち・神奈川県民がイメージする、
【大船フラワーセンター】のバラ園
【港の見える丘公園】のローズガーデンとは、
趣がまったく違って当たり前なんです。

こちらを訪れる場合は、
よくあるバラ園のイメージはかなぐり捨ててね!(笑)




園内は、いくつかのエリアに分かれていて、
バラとその他のお花が混在する感じです。

視点を変えてみるといいのかもしれません。
そして、ガーデニングを趣味にされている方には、
面白い場所なのではないでしょうか?
植物の数は、多いですから・・・



それでは、園内を見ていきましょう。


またまた大人色のバラです。























今年だけ出現したコスモス畑もありました。


なかなか状態の良いコスモスを探すのが大変でした。
オブジェが点在しています。








「シワくちゃばあちゃん」じゃありません。こういう種類です。










一面花盛りというわけではありませんでした。


園内はだいたい1時間もあれば見終わります。
じっくり見れば当然ながら、もっと時間はかかります。

私がほぼ見終わった頃・・・


どこかでおばさんのこんな声が・・・
「お金、払って来るところじゃない。」
そりゃ、言いすぎでしょ!(笑)

いいのです。それはそれで!
人それぞれ感じ方は違って当然です。
そういう人もいらっしゃるでしょう。


そしてこれも来園者の声なんですが、
私もそのことには同感でした。

そのこと?

植物に名札があったりなかったり・・・
あるのかもしれませんが、埋もれていたり?
その辺りは、ちょっと考えていただきたいと思いました。

でも、名札はイングリッシュガーデンの景観を
損なうのかな?


いろいろ書きましたが、
メグおばちゃんは実際どんな感想なの?と問われれば・・・
1回、行けばいいかな!(笑)


やんわりと毒吐いた?(笑)


こんな感じの初・横浜イングリッシュガーデンでした。




~昨日のお気に入りの2枚~




ストロベリ―アイス

木々の陰でひっそり咲いていました。
引き寄せられるようにそばに寄ってみました。






名前は分かりません。なんとなく好きな写真です。





次回は、バラ・コスモス以外のお花と
ハロウィン装飾をちょこっと載せてみます。


じゃ、今日はこのへんで・・・

♪横浜イングリッシュガーデン

2014年 10月10日 16:01 (金)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
ちょっとご無沙汰でした。

またまた大型の台風が日本を狙っています!
台風が襲ってくる前に、
バラとコスモスを見てきました。

開園からすでに数年経っていますが、
初めて行ってみました。

【横浜イングリッシュガーデン】

自宅からそんなに遠いというわけではありません。
むしろ近場のバラ園だと思います。
しかし、開園当時は入園料が高いとかあまり良くないとか・・・
いろいろ噂があったので、
「まあいいかっ!」って感じでした。

そして今日・・・
お仕事に行く前にちょっとのぞいてみました。


平日でしたが、
バラ・コスモスがそろそろ見頃ということだったので、
多くの方々が訪れていました。

今は、ハロウィンの準備でスタッフの方々が、
忙しそうにお仕事をされていました。

















急用が入りました。
もっとたくさんアップしたかったのですが、
今日は3枚です。


メグおばちゃんの得意技・・・
記事を引っ張らせていただきま~す。


つづく・・・



*嬉しいこともあるもんだ!

2014年 10月03日 00:00 (金)

 







介護・・・
とかく、暗く憂鬱なイメージが付きまとう。
介護する者の悩みや愚痴などが、
いろいろなところで取り上げられる。


私も老いた母に文句を言いたい時もある。

しかし、今日はそんなこととは異なり、
少し明るいニュースである。

母と同居を始めて、1ケ月半が経った。
以前、通っていたデイサービスにお礼のお菓子を送り、
親切にしていただいたことを母と語らう日々である。

そんなある日、元のデイサービスの方々から、
心温まる、優しい便りが母の元に届けられた。



7丁目美人とは、その施設でついた母への呼び名である。
すっかりその言葉に気をよくした母は、
週2回、デイサービスに機嫌よく出かけて行ったものだった。

それぞれの方(7人)の文面を読んでみると、
ホントに別れが残念だったことがよく分かった。

母もその施設では、
楽しくやっていたんだなと思い安心した。


そして、昨日・・・
現在、通っているデイサービスの方から、
自宅に電話があった。
なんとその電話に耳の遠い母が出て、
「デイの石塚さんから電話があったわよ!」
一応、そこまでの応対はクリアー!

その後、私が折り返し電話をした。
ちょっとドキドキ!
だいたい介護福祉士さんや看護師さんからの電話は、
何かあった時や良くない出来事の報告が多い。

しかし、今回は違っていた。

「お母様の歩行状況がとてもよくなっているので、
施設内では自由にご自分で動いていただこうかと思いまして・・・」

なんと付き添いなしで一人歩きして良いと・・・
杖は必需品ですが・・・


あらぁ、まぁ!

母と同居してから、
毎週日曜日にどこかへ母を連れ出し、
なるべく歩いているのが功を奏し始めたのか?

夫J氏と私にとってはちょっとした朗報である。



季節がら・・・
「柿生の家には、金木犀も銀木犀もあったなぁ~!」と
時々、実家のことを思い出す、
この頃の母である。




♪青い胡蝶蘭

2014年 10月02日 11:59 (木)




↑の写真は、先日訪れた県立相模原公園内にある、
サカタのタネ・グリーンハウス(温室)のお花の一部です。

グリーンハウスの入り口を入ると、
鮮やかな青の胡蝶蘭
目に飛び込んできます。

ブログにアップするつもりがなかったので、
そのものだけを大きく写した写真はないのですが、
あとになってもどうしても気になってちょっと調べてみました。

~青い胡蝶蘭とブルーエレガンス~

ブルーエレガンスというのも
青い胡蝶蘭のことを指します。

しかし、同じ青い胡蝶蘭でもこの二つは全く別の
過程をたどって、咲くのだそうです。

ブルーエレガンスは、
従来の品種に特別な染色液を吸わせて作った胡蝶蘭。


また一方、青い胡蝶蘭は、
青い花を咲かせる遺伝子(ツユクサ)を加えることにより、
青色を出すのだそうです。
つまり遺伝子操作をして、
そのような種を作り出すということのようです。

どちらも人工的ですが、
その過程は、まったく違っています。
さて、メグおばちゃんが見た青い胡蝶蘭はどちらなんでしょうか?

お花はどこまで進化していくのか?
遺伝子操作・・・
どうなんでしょう?


これからは、そんなことも意識しながら、
青い胡蝶蘭・・・見ていきたいと思います。

通販では、すでに流通しています!
知らなかったぁ~!



じゃ、今日はこのへんで・・・