08月 « 2014年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

♪秋の山里ドライブ(秦野市)

2014年 09月27日 16:03 (土)


今年は秋の訪れが、早かったですね!
残暑知らずの9月でした。
その9月もあとわずか・・・
本格的な秋の到来が目の前に迫ってきました。
あなたは、どんな秋の行楽プランをお持ちでしょうか?

先日、秋を堪能するには少々早めですが、
神奈川県・秦野市に行って来ました。

秦野市は神奈川の西部に位置していて、
都内からは、車でも電車でもそう遠くないため、
登山や観光で多くの人が訪れる場所です。

秦野市の北部には1000m級の表丹沢があります。
緑豊かであり、またお水が綺麗なことでも有名な秦野市です。



↑秦野市観光協会のHPより

そんな土地柄ですから、農業が盛んで、
9月26日27日両日開催の「たばこ祭」は、
今年で第67回を迎え、歴史あるイベントとなっています。
「秦野たばこ祭←こちら


そんな表丹沢の山懐に抱かれた秦野市を
ドライブしてきました。


まずは、ヤビツ峠へ向かう途中のビューポイント、
菜の花台園地から・・・




展望台からの眺めです。(写真は大きくなります。)

↑秦野市はもちろん、左を向けば江ノ島、
右側の奥には、富士山が見える素晴らしい眺望です。



少しぼんやりした空気に包まれていましたが、
しばし、眺めを楽しんだ私たちでした。

ここからは来た道を戻りました。


道の途中で古刹を発見。





【大日堂】
742年に行基が開いたと伝わっています。

本堂には、平安時代後期の作でヒノキの一本造り、
像高175cmの座像、「大日如来像」があり、
県の重要文化財に指定されています。(観光協会HP参照)

余談ですが、秦野に来ると思い出す・・・
三廻部(みくるべ)にある「頼朝はん」
源頼朝のお墓では?と言われている石碑があるのですが、
神奈川で「頼朝はん」・・・
ここだけ関西系?のネーミングでしょうか?
「頼朝はん」の過去記事→


【大日堂】をあとにした私たち、
【自然観察の森】の入り口にある【緑水庵】に立ち寄りました。
こちらは、別の場所に昭和5年に建てられていた民家を
平成3年にこの地に移築したものです。

タバコ農家の代表的な様式になっているそうです。
昔の農機具なども展示されていて、
誰でも自由に見学できます。





どのあたりが、たばこ農家の特徴なのか、よくわかりません。





【緑水庵】前の道路沿いには季節の彼岸花が
今が盛りとばかり、綺麗に咲いていました。




そろそろ11時・・・
この日の昼食は、田原ふるさと公園内のそば処「東雲」で。

こちらの公園内には源実朝の首塚がありました。

源頼家の息子「公暁」に殺された源実朝の首塚。
公暁を討ち取った三浦氏の家来が、
この地に持ち込んだと伝わっているそうです。

そうしてみると先ほどの「頼朝はん」も
この地とは無関係ではないようにも思えてきます。
お墓とまではいかなくても、
供養塔みたいな意味合いなら、「頼朝はん」も
真実味帯びてくるような・・・
でも、なんで関西系のネーミングなのか、疑問は残ります。


お食事のあとは、
まさに「頭を垂れる稲穂かな」の田園風景を眺めました。







秦野市東田原地区からは、富士山も見えましたよ。


これは、望遠で。
ここまで、大きくは見えません。


自然あり、歴史あり・・・
見どころが多い秦野市です。
車でなくて、歩くのもいいと思います。


自称あくまでも自称ですけど・・
神奈川観光大使のメグおばちゃんでした。

秦野市はZARDの故・坂井泉水さんの
ゆかりの地でもあるそうです。
小田急線「渋沢駅」をよく利用していたとか・・・



じゃ、今日はこのへんで・・・