07月 « 2014年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

♪思い出ピアノのお値段は・・・

2014年 08月07日 15:53 (木)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
毎日、相変わらず暑いですね!

さて、母を我が家へ引き取るために
実家と自宅の整理に忙しくしている私です。

今朝は、
午前8時からクラビノーバ(電子ピアノ)回収の運送屋さんが
我が家にやってきました。
新しい型番なら、買取りなんてこともあるのでしょうが、
97年度型では、当然のことながら値もつかず・・・

状態はとてもいいんですよ。
でも重要なのは型番です!





運搬料金5000円ポッキリで引き取っていただきました。
ネットのオークションや【譲りますコーナー】なども
検討しましたが、梱包の手間など思うとね!
時間もないですし・・・
この電子ピアノにも
話せば長~い思い出話もありますが、
ここでは割愛させていただきます。


そして本題です。

実家にあるこれまた年代物の私のピアノ・・・

値は最初からつかないとは思っていましたが、
やっぱりでした!(笑)

この私のピアノは調律履歴カードからみると
和39年くらいに購入したらしいです。
東海道新幹線開通、東京オリンピック・・・
まさに時代は右肩上り!
未来がまだあった元気のある日本が見えてきます。

サラリーマンの父が郊外に3人家族のために小さな家を買い、
一人娘にピアノを習わせて・・・
まるで絵に描いたような小さな幸せの構図が見えてきます。

時は流れその娘も結婚し、男の子と女の子を授かり、
当然のように女の子にはまたピアノを習わせました。
その時、
実家にあったピアノはその小さな少女の元へやってきました。

その娘と母は、連弾をしたり、歌ったり・・・
発表会前には猛特訓したり・・・
その母が幼い頃よりも弾く頻度はかなり高かったと思います。
小学校低学年の頃には、かなり難しい曲も弾きこなし、
「これは将来、音大?ピアニスト?」
な~んて思ったこともありました。
親バカですよね!自分の実力も顧みず・・・
今では、音楽好きでちょっと出たがりな、
ただの人ですよ!

教育ママなんて言葉が以前はよく聞かれていましたが、
あまり教育に熱を入れ過ぎてもねっ!と今では思いますよ。
自戒の念を込めて・・・

そんな経緯を辿って、
今では実家で母といっしょにいるピアノです。




さて、このピアノ・・・
もちろん、買取り対象ではなかったのですが、
5~6社に運搬料金の見積もりをネットでお願いし、
その後、電話で細かい条件や追加料金の有無を訊ねました。

私の条件は全社、同じなんですが、
まあ、会社によって料金が千差万別でした。
10000円~50000円まで!
なんでしょう?この差は・・・

結論!
相見積もりは、
できるだけたくさんとって検討するべきです!
たぶん、何でもそうなんでしょうねぇ!

私の場合、回収料金なので追加料金がある場合、
当然料金は増える方向ですが、
買取りのある方は、最初に聞いた金額より、
マイナス方向に向かうことが多いわけです。

ちなみにネットで「運搬料金が18000円で安い!」と思った大手業者は、
ピアノ内部のフェルトの欠損まで見て、
追加料金(またはマイナス)を請求することもあるそうです。
何もなければ、18000円ですが、
素人に見つけられないことを言われてもね!
他の業者にそのことを訊ねると、
そのフェルト云々はほとんど問題はないそうですよ!
その一社以外、
フェルトを問題にする会社は1社もありませんでした。


これが今日までの私のピアノ処分の経過です。
さて、メグおばちゃんの決断は・・・


じゃ、今日はこのへんで・・・