FC2ブログ

07月 « 2014年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

♪【招待券】当たりました!(箱根ガラスの森美術館)

2014年 08月30日 15:29 (土)





ハイハ~イ!メグおばちゃんです!
雨の土曜日かと思っていたら、
意外にも時折、薄日もさしている本日の横浜です。

このところ、涼しい日が続いて、
秋の気配を感じています。

でも、そんなに簡単に本格的な秋が
やってくるとも思えませんが、
たしかに季節は動き出しました!
体調管理には注意したいものです。

さて、本日のお話は・・・

↑の写真でお分かりになるように、
以前から行ってみたかった
無料入館券が当たりました。
まあ、倍率は知りませんがとにかく当選です!

こちらには、行く機会がありそうでなかったメグおばちゃんです。
入館料も高めですし、
観光地の美術館には「?」でした。
しかし、多くのブロ友さんの記事を拝見して、
「行ってみたい!」気持ちが沸々と湧いてきていました。

ちょうど見ていたサイトで「無料入館券」の
応募欄を見つけました。
これはと思い、応募しました。
たしか応募動機も書き添えたと思います。

いつ行こうかな?

今年こそ箱根スイーツコレクション2014秋も楽しめるかな?

楽しみなことがまた出来た2014年、
夏の終わりでした。



じゃ、今日はこのへんで・・・





スポンサーサイト



♪続・旧岩崎邸を激写!(外観編)

2014年 08月28日 15:59 (木)


このところ、涼しい日が続いていますが、
いかがお過ごしでしょうか?
土曜日まではこんな気温の日が続くとか・・・



さて、本日のお話は・・・

8月24日(日)に行った旧岩崎邸の早朝撮影会の続きです。

参考)旧岩崎邸内部写真    ★★



旧岩崎邸の内部撮影を終え、
次は、どなたでも撮影可能な建物外観撮影へ・・・
緑に囲まれた岩崎邸ですが、
蚊が多いとのことで、
虫よけスプレーとかゆみ止めが用意されていました。



表玄関


撮り方によっては、
イーグルスの「ホテルカリフォルニア」LPジャケット風にも!
あくまでも「風」ですけどね!


ネットのLP画像より

先生の示したサンプル写真は、
太陽光線をキラリと入れた写真でした。
南国風ということでした。



窓の造りも素敵です。














ベランダ側の芝生から・・・
低い姿勢でないと建物の後ろに裏のビルが入ってしまいます。
都会ですから・・・



建物と今回の参加者の方々・・・





ちょっと歪んじゃった!





山小屋風のビリヤード室















2時間たっぷり、カメラ三昧!
あっと言う間でした。

初めての旧岩崎邸そしてカメラ講座、
充実した早朝撮影会でした。

また、横浜山手の西洋館でもこの経験が活かせたらいいなぁ~!



じゃ、今日はこのへんで・・・

*87歳のスタートライン・・・第4話

2014年 08月27日 15:38 (水)


2014年8月14日(木曜日)
母の新しい生活が始まった。
53年間暮らした、柿生の一軒家をあとにして、
我が家にやってきた。

どんな風に心の整理をしたのだろうか?
とんでもない、まだ整理などできているわけがない・・・
人生の半分以上をその家で過ごした母。
そう簡単に割り切れるはずもない・・・


ある晩、湯ぶねにつかりながら、
一人大きな声で「柿生に帰りたい!」と叫んでいた。
私がお風呂場のドアの外にいるとは知らずに・・・
楽しそうにしてはいるが、
その言葉が本心なのであろう。


そして、今日から新しいデイサービスへ出かけて行った母。
帰ってからの感想はどんなものだろうか?

秋の気配が忍び寄ってきた、
2014年8月27日(水曜日)・・・

♪旧岩崎邸を激写!(早朝撮影会)

2014年 08月25日 15:21 (月)


本日の記事は、昨日の続きです。
東京都台東区にある旧岩崎邸で行われた、
<早朝撮影会>のことです。

三菱財閥の資金力の凄さを感じる旧岩崎邸です。
昨日は、建物の1階部分をご紹介しました。
本日は2階へご案内しましょう。



大階段から2階へ上がって行きます。
ワクワクします。




大階段の窓です。





まずは・・・
たしか婦人室となっていたように思いますが、
淡いピンクで統一されたお部屋が印象的です。












壁紙は現代でも通用しますね!



次は婦人室のお隣、緑のお部屋へ・・・


こちらは壁紙が素敵です。




金唐革紙(復元)
日本の伝統工芸品で和紙に金箔などを施したもの。
豪華絢爛な印象で復元には日本画家が参加。




カメラ教室参加者の方ですね。
特別出演!(ごめんなさい。)




こちらの方は<旧岩崎邸>の↑館長さんです。
カメラ教室のあと、
臨時で館内ツアーをされるということでした。
きっと歴史的なお話が伺えたのでしょう。

参加したかったのですが、
私の付き合いでアッシー君(死語かしら?)をしてくれた、
愛するJ氏が外で待っているので、
参加しませんでした。(残念)




こちらのベランダは多くの方が、
どこかでご覧になったことがあるかも・・・




岩崎家の皆さんがこのベランダに立った時、
どんな風景が広がっていたのでしょうか?




サンルームですね!

そろそろ邸内の撮影を終え、
建物の外観の撮影に移ります。


つづく・・・



♪夏の早朝撮影会~旧岩崎邸を撮る

2014年 08月24日 23:23 (日)


8月24日(日曜日)東京都台東区にある旧岩崎邸で開催された
<夏の早朝撮影会>に参加してきました。





通常、邸内は撮影禁止ですが、
この日は、抽選で選ばれた15名が開館前の時間を使い、
洋館内部をストロボなしで撮影させていただきました。

某カメラメーカーの講師の方に撮影方法を教えていただきながらの
約2時間、楽しい時間を過ごすことができました。



24日(土)はミスプリです。

朝7時40分、男女のアマチュアカメラマンが大集合!
デジイチ、コンデジ、ミラーレス・・・
思い思いのカメラを持参して、
皆、一様にちょっと緊張の面持ちでの集合です。


受付を終えると、講師の方のご挨拶、
当日のスケジュールの説明があり、
早速、旧岩崎邸へ入館です。




約120年前に完成した木造の洋館。
岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として建てられた。
鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計。

建築家として円熟期を迎えていたコンドル氏の作品だそうですよ。


洋館の撮影は、横浜山手の西洋館での経験がありますが、
こちらの西洋館は、山手以上に内部が暗く、
「上手く撮れるかな?」と心配でした。
まあ、私の腕前なので、
自慢できるような代物ではありませんが、
講師の方の指導により、
思ったよりは、上手に撮れたかもしれません。
(ポイント説明後に自由撮り)




旧岩崎邸のスタッフの方が、全員に↑これを貸して下さいました。
これで講師の方のお話がどこにいてもよく聴こえます。



それでは、邸内にいよいよ潜入です!
写真は大きくなります!







とにかく、天井の細かな細工が素晴らしい!
天井が高く、広々とした印象です。
床に寝転がって、天井を撮る人もいました。









一番、撮影に苦労した大階段です。とにかく暗い・・・



階段踊り場に人が見えますね。
この位置から撮ると↑のような細かい細工の大階段が撮れます。




大階段から1階を見下ろす・・・
ドレスを着たご婦人方が見えるような気がしませんか?
本当は、もっと暗いです。



建物内部の細工にうっとり!



このベランダのタイルも珍しいものらしい・・・






おっ~と!一階部分だけで容量いっぱい!

旧岩崎邸内の撮影は、
さらに続きます。







♪こんな時代が私にもあった!(笑)

2014年 08月22日 16:19 (金)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
毎日、暑いですねぇ!
日傘をさしていても肌にジリジリと・・・


さて、本日は古ぼけたピアノ処分の件があったので、
主がいなくなった実家へ行ってきました。

ピアノ運搬業者が来る前に、
写真の整理をしていたメグおばちゃん。
面白い写真を見つけました。

私の記憶から消え去っていた写真・・・
一人で笑っちゃいました。



右の人、影うすっ!
真ん中の人、ちょっと元々ちょっとヤンキー?
左の人、メイク、京劇かっ!

私にもこんな時代がありました!








な~んて、これはOL時代の社員旅行での扮装です。
それぞれの課で毎年、出し物を考えていたものと記憶しています。
でもこんな写真を撮った記憶がまったくない・・・(笑)


普段の会社での写真もありました。



さすがに若い!30年以上前の写真です。
テレックスってご存じでしょうか?

当時、某生命保険会社のOLでした。
上着とベスト・スカートはお揃いでした。
ブラウスは思い思いのものを・・・
1年半の勤務・・・名実ともに腰掛けのOL時代でした。



他にも記憶にない写真が続々と出てきました。
でも写真には、ビデオにはない魅力があると思いました。
まだまだ写真の整理は続きます。
また、何かありましたら・・・もう、いいかっ!


そして・・・

ピアノの引き取りの代金ですが、
運搬料¥10000也

運搬業者についての記事は→

以前、古いピアノの引き取り代金が、
買取会社によってまったく違うとお話しました。
こちらの条件は同じなのに¥10000~¥50000の料金の幅は何?

私は、¥10000の会社にお願いしました。
本日追加料金もなく、¥10000ポッキリで、
持っていってくれました。

しかも感じのいい、若いイケ面二人・・・
安くて感じがよい!最高です!

横浜・川崎にお住まいでピアノの処分にお困りの方、
ゲスブにどうぞ!こっそり教えちゃいます。
(ケースにより料金は違うかもしれません。)



じゃ、今日はこのへんで・・・

♪ひまわりまつり (座間会場)

2014年 08月17日 14:40 (日)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
少しご無沙汰してました。

8月17日(日)、座間の【ひまわりまつり】に行ってきました。
すでに終わってしまっている場所、見頃な場所・・・
そんな箇所が混在した状態の座間会場でした。
あいにくの曇り空でしたが朝早くから、
多くの人で賑わっていました。


ひまわり畑の周辺には田んぼが広がっています。




大きな大きなワンちゃんが、みんなの人気を集めていました。




展望台から・・・




夏休みのイメージ!




後ろ姿もチェック!




もちろん正面からもねっ!



中には、へそ曲がりさんのひまわりも・・・








秋の気配もちょっぴり感じながら・・・


座間会場をあとにしたメグおばちゃんでした。










8月15日に無事、実母を我が家へ迎えることができました。
もう少しお片付けに時間がかかりますが、
また、ブログも楽しみたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


じゃ、今日はこのへんで・・・

♪思い出ピアノのお値段は・・・

2014年 08月07日 15:53 (木)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
毎日、相変わらず暑いですね!

さて、母を我が家へ引き取るために
実家と自宅の整理に忙しくしている私です。

今朝は、
午前8時からクラビノーバ(電子ピアノ)回収の運送屋さんが
我が家にやってきました。
新しい型番なら、買取りなんてこともあるのでしょうが、
97年度型では、当然のことながら値もつかず・・・

状態はとてもいいんですよ。
でも重要なのは型番です!





運搬料金5000円ポッキリで引き取っていただきました。
ネットのオークションや【譲りますコーナー】なども
検討しましたが、梱包の手間など思うとね!
時間もないですし・・・
この電子ピアノにも
話せば長~い思い出話もありますが、
ここでは割愛させていただきます。


そして本題です。

実家にあるこれまた年代物の私のピアノ・・・

値は最初からつかないとは思っていましたが、
やっぱりでした!(笑)

この私のピアノは調律履歴カードからみると
和39年くらいに購入したらしいです。
東海道新幹線開通、東京オリンピック・・・
まさに時代は右肩上り!
未来がまだあった元気のある日本が見えてきます。

サラリーマンの父が郊外に3人家族のために小さな家を買い、
一人娘にピアノを習わせて・・・
まるで絵に描いたような小さな幸せの構図が見えてきます。

時は流れその娘も結婚し、男の子と女の子を授かり、
当然のように女の子にはまたピアノを習わせました。
その時、
実家にあったピアノはその小さな少女の元へやってきました。

その娘と母は、連弾をしたり、歌ったり・・・
発表会前には猛特訓したり・・・
その母が幼い頃よりも弾く頻度はかなり高かったと思います。
小学校低学年の頃には、かなり難しい曲も弾きこなし、
「これは将来、音大?ピアニスト?」
な~んて思ったこともありました。
親バカですよね!自分の実力も顧みず・・・
今では、音楽好きでちょっと出たがりな、
ただの人ですよ!

教育ママなんて言葉が以前はよく聞かれていましたが、
あまり教育に熱を入れ過ぎてもねっ!と今では思いますよ。
自戒の念を込めて・・・

そんな経緯を辿って、
今では実家で母といっしょにいるピアノです。




さて、このピアノ・・・
もちろん、買取り対象ではなかったのですが、
5~6社に運搬料金の見積もりをネットでお願いし、
その後、電話で細かい条件や追加料金の有無を訊ねました。

私の条件は全社、同じなんですが、
まあ、会社によって料金が千差万別でした。
10000円~50000円まで!
なんでしょう?この差は・・・

結論!
相見積もりは、
できるだけたくさんとって検討するべきです!
たぶん、何でもそうなんでしょうねぇ!

私の場合、回収料金なので追加料金がある場合、
当然料金は増える方向ですが、
買取りのある方は、最初に聞いた金額より、
マイナス方向に向かうことが多いわけです。

ちなみにネットで「運搬料金が18000円で安い!」と思った大手業者は、
ピアノ内部のフェルトの欠損まで見て、
追加料金(またはマイナス)を請求することもあるそうです。
何もなければ、18000円ですが、
素人に見つけられないことを言われてもね!
他の業者にそのことを訊ねると、
そのフェルト云々はほとんど問題はないそうですよ!
その一社以外、
フェルトを問題にする会社は1社もありませんでした。


これが今日までの私のピアノ処分の経過です。
さて、メグおばちゃんの決断は・・・


じゃ、今日はこのへんで・・・




♪ビュ~ン、新幹線が見える蓮池!

2014年 08月04日 17:44 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
毎日、暑いですがお元気ですか?

先日、あるブロ友さん情報により、
新幹線と蓮が見える場所に行ってきました。


新幹線、やっぱり速いですねぇ!
音もなく現れて走り去るといった感じでした。


コメント欄は閉じています。














 大磯・生沢にて



~オマケの写真~

こんなのいかが?


<中井の蓮池>の休憩所にて

じゃ、今日はこのへんで・・・

♪大磯・アオバト・男の仕事!

2014年 08月02日 16:20 (土)


毎日、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
メグおばちゃんは元気ですが、日々忙しくしています。

さて、本日のお話は・・・
先日、訪れた大磯港の風景をお届けします。

大磯と言えば、「大磯ロングビーチ」。
古くは、著名人の別荘があった、
神奈川県の海沿いの町です。

「大磯ロングビーチ」と言えば個人的には・・・

若かりし頃、割引券でプールに行って、
帰りに1万円入りのお気に入りのお財布を落とした、
がっかりな思い出の地でもあります。
思い出したくもないのですが、
この辺りを通るたびに思い出します。

そんな余談はさておき・・・

こちら大磯の照ヶ崎海岸では、
ミネラルの補給のために海水を飲みに来るアオバトが、
この夏の時期に多く見られます。

NHKの番組でも紹介されています。

そんなアオバトを見に、
この日もたくさんの人が訪れていました。




アオバトらしき群れが飛来すると皆さん、
同じ方向にレンズを向けていました。

じゃ、メグおばちゃんもね!
しかし、鳥の動きは速く・・・撃沈!



トリミングしてこんな大きさです。(泣)
拡大してみるとどうにかアオバトのようでした。

30キロ離れた丹沢山系から
この大磯の海岸までやって来るアオバトです。

全体的にはオリーブ色で、
オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。
一方メスはそれらの箇所もオリーブ色だそうです。

それにしてもアオバト人気は思ったより高かったです。



大磯港で、もう一つ興味深い場面に出会いました。
アオバトよりこっちに感動!




大磯港に接岸している働くお船。
のんびり釣りをしている人たちの目の前で、
ダイナミックに船から砂をおろしていました。
初めて見る光景でした。



これ、砂山はどれもこのクレーンのお仕事だったようです。







ザァ~!!





一人でクレーンを操り、見事に山を作り上げる!
まさに男の仕事!ダイナミックな光景でした。

でも、分かりませんよねぇ!
最近では女性の大型車のドライバーの方も多いですから・・・
男性とは決めつけられないです。
実は、男前な女性だったりしてね!(笑)






【ちょっとしたお知らせ】

最近、思うようなブログライフが送れていません。

そのわけは・・・
今回、実家の母との同居に踏み切ることにしました。
この8月中旬、
母は、53年住んだその地を離れることになりました。

そんなわけで、仕事・引越・自宅の整理を
同時進行でやっています。

皆様のところへの訪問も遅れています。
決して、ブログライフが嫌になったわけではありません。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。