01月 « 2014年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

♪吊るし雛アート (天王森泉館)

2014年 02月24日 18:35 (月)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです!
2月も後半、明日からは少し暖かくなるとか・・・
3月に入ると三寒四温なんて言葉がささやかれるようになります。

ところで、3月と言えば・・・
雛まつりですね!

昨日は、ブロ友さんが以前記事になさっていた
【天王森泉館】の<吊るし雛アート>を見に行ってきました。

そこはどこ?

横浜市泉区・・・神奈川県にお住まいの方なら、
こう言った方が分かりやすいかな?
懐かしの横浜ドリームランドに程近い場所。
横浜ドリームランドに、
メグおばちゃんはたくさんの思い出があります。
閉園した時は、寂しい気持ちになりました。

お~っと!話が違った方向に行きそうなので、
軌道修正!




<天王森泉館>

<吊るし雛アート>は、こちらの建物で開催されているイベントです。

の建物自体は、
明治44年(1911)に製糸場として、造られたものです。
明治・大正期において現・泉区辺りでは、
湧水を活かした製糸業がさかんに行われていたそうです。
その後、関東大震災や世界大恐慌などの出来事により、
大打撃を受け、またナイロンの開発が進み、
製糸業は衰退していったそうです。

<天王森泉館>を含む3,5000㎡の雑木林全体が
【天王森泉公園】となっています。

こちらでは、四季折々、
ボランティアの方々の協力により、
様々なイベントが行われています。
昨日は、<しいたけの原木栽培の指導>が行われていました。






建物の一階・二階にたくさんの吊るし雛が飾られていました。




可愛らしい表情のもの、ユーモラスな表情の飾りが、
いろいろな布地を使って、たくさん!
メグおばちゃんはお裁縫が苦手・・・
どれを見ても感心するばかりでした。









夫J氏の写真を借りました。日本家屋らしいですね!
泉区の南部にはまだ田園風景が残っています。




あっちもこっちも吊るし雛でいっぱい!



もう何が何だか・・・種類と数が多くて!
どうやって、撮っていいものか?
いろいろカメラの設定をいじりながら・・・難しかったぁ~!


















板の間は、寒い!
夫J氏は一足先にお庭に出て、
豚汁をフゥ~フゥ~していました。
吊るし雛の見学中、
酒カスのよい香りもしていましたよ。
ボランティアの方々、
頑張っていらっしゃいました。




お庭には、枝ぶりのよい季節の梅が綺麗に咲いていました。



天王森泉館<吊るし雛アート>・・・
熱心なボランティアさんに支えられ、
また「ここも横浜?」と思うような自然環境に囲まれて、
昔懐かしさを感じることができるイベントでした。

なお、吊るし雛イベントは3月17日(月)まで、
3月2日(日)には、来館者にプレゼントがあるそうです!

お出かけ情報→専用の駐車場はありません。(駐輪場あり)
相鉄線<ゆめが丘>より徒歩30分。
神奈中・バス停「ドリームハイツ」より徒歩15分。

私たちは横浜薬科スタジアムの駐車場に止めて歩きましたが、
少し迷いました。

迷って歩いている途中、<春日神社>を発見!
立派な神社で、たくさんの鹿さんがいました。
奈良県の春日大社の血筋の鹿さんだそうです。
社務所には、鹿せんべい(¥100)の用意も!
しかし、まさかこんな所で、鹿さんに会えるとは・・・








「お初にお目にかかります。どうぞよろしく!」



じゃ、今日はこのへんでぇ~!