11月 « 2013年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

♪今年の山手西洋館【世界のクリスマス】

2013年 12月07日 16:09 (土)


ハイハ~イ!メグおばちゃんです!
今年も12月2日(月)に行ってまいりました。
横浜山手西洋館の世界のクリスマス!


2007年に初めて訪れてから、
毎年楽しみにしているイベントです。

2007年は我が娘と一緒でした。
そして、今年も久しぶりに娘と・・・

午前11時半にイタリア山庭園にある
<ブラフ18番館>で娘と待ち合わせ!

私は、その約一時間前に現地に到着して、
先にイタリア山庭園内の2館を見学していました。



お庭のイチョウの木は、
今年も綺麗に黄葉していました。
2007年のイチョウ→

まずは、<外交官の家>のクリスマスから・・・


~ユールがクリスマスになるまで~
スウェーデンのクリスマスです。

クリスマスの原型と変貌が垣間見られるということでした。


















こんな感じの<外交官の家>のクリスマスでした。

私は何を期待していたのでしょうか?

心が躍らない・・・
私の中のクリスマスとちょっと違う!
そんな思いでした。
それは決して、展示を担当された方の作品に問題があるのではなく、
見るこちら側の問題なんですけどね・・・

気持ちがワクワクしていないと
写真もちょっといい加減になります。
元々、たいした腕前ではないのですが、
感動していないとその気持ちが写真に
表われるような気がします。





今回の世界のクリスマスの大きなテーマは・・・
(西洋館全8館+クロス・パティオ)

アメージング メモリーズ オブ クリスマス
~素敵なクリスマスを思い出して~

ポスターも可愛い女の子、そして昔ながらの光景ような・・・



今年はいいぞぉ



これは勝手な妄想だったのか?
なんとなく不完全燃焼のまま、
<ブラフ18番館>へ・・・



今度は保育園の子供たちがこちらで写真撮影


<ブラフ18番館>のクリスマスは、
ノルウェーのクリスマスでした。


ノルウェーのまあるいクリスマス

現在、ノルウェーで大人気の伝統模様のクリスマスボール。
デザインデュオ(男性二人のデザイナー)の手編みのクリスマスボールが、
ノルウェーの伝統が息づく心温まる「手作りのクリスマス」を演出。
(リーフレット参照)














手編みなので、まんまるではなくイビツな感じで手作り感があふれていました。









でもでも、こちらの展示もなんだかおばちゃんが好きな
華やかに欠ける・・・

心がワクワクするような、
可愛くて華やかな雰囲気は、ここにもありませんでした。
例年とは違う、何かが違う・・・



そうこうするうちに、娘が到着


暖かな春のような日差しを浴びながら、
次の西洋館を目指した私たち親子でした。