FC2ブログ

05月 « 2012年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

♪三崎昭和館 (三浦・三崎)

2012年 06月21日 08:10 (木)


 
少し前のことになりますが、
三浦三崎の港側ではなく、庶民生活の場の商店街に
久しぶりに立ち寄ってみました。
 
以前はそれなりに人通りがあったように思っていました。
しかし今回、歩いてみると日曜日ということもあったのでしょうが、
空店舗も増え、シャッター街になっていて、閑散としていました。
 
日曜日の朝市には大勢の人が訪れる三崎ですが、
他人事ながら、町興しが必要かな?なんて思ってしまいました。
 
 
そんな中、以前からどんな所かな?と思っていた場所へ・・・
【三崎昭和館】に行ってきました。
 
この施設は、2年くらい前に出来たものですが、
建物は、昭和以前のもので、三崎の昔の生活を
紹介する展示場になっています。
 
無料で館内は、係りの方が案内して下さいます。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三崎昭和・・・となっていますが建物は明治35年のものらしいですよ。
お掃除をした程度で開館。傷みが少ない古民家です。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑70年くらい前に作られた戸・・・一寸の狂いもなく、開け閉めがスイスイです。すごい!
 
 

三浦・三崎出身の作曲家【小村三千三】氏です。
お名前だけではピンときませんが、【歌の町】の作曲者です。
 
まだ、ピンときませんね!(笑)
 
♪良い子が住んでる良い町は、楽しい楽しい歌の町・・・♪
お若い方には馴染みがない?!(笑)
曲はこちら→
 
 
 

真ん中の定規みたいなものは、楽譜の五線を書くものです。
昔は音楽のノートはなかったんですね!
 
 
 
 
 
【小村三千三】
1900年~1975年
音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団の音楽教師となり、
多くの作曲を手がける・・・
 
 
 
三浦半島の南端!
彼の曲をレパートリーにもつ、かもめ児童合唱団があります。
HPはこちら→
地元の合唱団と言った感じで可愛いですよ!ぜひご覧ください!
 
 
作曲家【小村三千三】氏を知ったのも収穫でしたが、
それ以上に・・・
 
今回、館内を説明して下さった年配の男性は、
三崎のことなら知らない事はないという方でした。
 
その方が何年かにわたって書き綴った、
 

 

 
文章とイラスト・・・素晴らしいんです。
事細かに、幼いころの記憶を辿り書かれています。
普段の生活・伝統・遊び・・・・本当に細かく・・・
 
神奈川新聞でも取り上げられたそうですが、
何故、書籍化までいかないのか不思議なくらいです。
 
神奈川新聞だからこそ、できるのではないのでしょうか?!
どうにか神奈川の文化を後世に・・・(笑)
 
 
三崎昭和館を訪れた際には、
どうぞ【おいらの一年】をご覧ください!
感動します!
 
 
 
【歌の町】・・・
知ってる人は、この指と~まれ!
 
 
 
じゃ、今日はこのへんで・・・
 
 
スポンサーサイト