12月 « 2012年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

♪【修善寺】一泊旅行へゴ~!

2012年 01月10日 15:50 (火)

ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
世の中が本格的に動き出した1月10日(火曜日)です。

ちなみに娘の24歳のバースデーでもあります。
ある調査で我が娘の名前が
昨年誕生した女の子の名前の人気ナンバーワンになったそうです。
24年前に私が付けた名前が・・・
なかなか先見の明があったかな?!(笑)
 
 
なんだか空気が乾燥していて、埃っぽい・・・
「風邪には、注意したい」そんな今日この頃です。
 
 
さて、本日のお話は・・・
 
1月3日に行った一泊旅行のお話です。
 
 
私たち夫婦は、中伊豆の修善寺を目指していました。
 
 
伊豆の行く前に、箱根の十国峠に寄りました。
もちろん、富士山を見るために・・・
 
箱根駅伝のラジオ放送を聴きながら、そして空模様を見ながら・・・
「富士山がもしかしたら、見えるかもしれない!」という
希望をもって現地に向かいましたが、
厳しい現実を突きつけられたメグおばちゃんであります。(泣)
 

 
本当ならメグおばちゃんの後にド~ンと富士山が見えるはずでした。
もしかして、来年の年賀状に写真が使えるかも・・・
期待が大きかったのですが・・・
 
 
それでも、ここは高い所なので、いろいろな場所が肉眼で、
また双眼鏡で見えるのです。
 
スカイツリーも双眼鏡ではうっすら見えました。
 

肉眼では・・・
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊豆大島をはじめとし、伊豆七島も・・・
十国峠の名前の由来は、その昔、
伊豆・駿河・遠江・甲斐・信濃・武蔵・上総・下総・安房・相模の国が眺められたからだそうです。
今でも伊豆と箱根を結ぶこの十国峠は、素晴らしい眺めで、人々の目を楽しませてくれています。
(解説は、十国峠リーフレットを参考にしました。)
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに近いです。初島(左)&真鶴半島(右)にズーム!
 
十国峠のロープウェイ乗り場で、各家族ごとに強引に記念撮影をさせられます。
下山後、買っても良し、スルーしても良しの観光地らしい企画です。(笑)
 
撮影時にアルバイトのお兄さんが笑わせてくれますが、
彼らが余計なことをしたばっかりに私は顎が上がり、白ブタちゃんみたいに写っていました。
それでもJ氏と二人で写真を撮る事があまりないので\1000で購入!記念ですから・・・
J氏に「白ブタみたいじゃない?」と私が聞くと
「そんなもんだよ!いつもと同じ!」だと・・・
 
 
十国峠に別れを告げ、一路修善寺へ・・・
 
 
修善寺エリア到着後は、まず【修禅寺】
 
今回、初めて知ったのですが、エリア名は「善」の字を使用し、
お寺に関しては「禅」の字を使っています。
 

 

 

 
 
【修禅寺】は、弘法大師が平安時代初期に開いたとされています。
それよりもずっと前の縄文時代から、人は住んでいたようです。
なかなか歴史のある町ですね!
 
そして、プチ歴女としてはもう一つ「これは!」と思うことがありました。
 
修善寺で源頼家(鎌倉2代将軍)が暗殺されていたのです。
源頼朝亡きあとの家督争いに敗れ、この地に幽閉され、
そして、入浴中に23歳の若さで暗殺されたのでした。
 
母・北条政子が頼家の冥福を祈り建てた【指月殿】があります。
こちらは、伊豆半島では最古の木造建築物だそうです。
 

 
内部もよく見えます。
 

 
【指月殿】をあとにした私たち・・・
修善寺の町をブラブラしてみました。
 
昔ながらの佇まいのお宿などもあり、なかなか風情がありました。
 

 

 
 
西伊豆や東伊豆はこれまでに何回か訪れていますが、
中伊豆・修善寺は初めてでした。
 
初・修善寺はなかなか良い所でした。
 
余談ですが、お寺の脇の駐車場は、メチャ高い!(怒)
 
 
つづく・・・