05月 « 2011年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

デジブック 『★横浜山手西洋館★』

2011年 06月09日 22:25 (木)

 
今回の横浜山手西洋館巡りのまとめとして、デジブック(有料)を作ってみました。
今までに載せた写真プラス、
、記事では載せられなかった写真も入れてみました。
 
家族に出来あがりを見せたところ・・・
「なが~~~~~~い!」 ←(不評)
 
そんなわけで、写真の枚数が多いため、時間が長くなりました。
 
 
もしも見て頂けるようなら、適当なところで終わりにして下さい!
ちなみに、ベイブリッジが出てきたら、終わりのサインです。
  
適当なところで止めないとエンドレスで~す! (笑) 
 

♪横濱Style~心に響く豊かな時間~③

2011年 06月09日 00:14 (木)

ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
我が500円玉貯金、そろそろ満期が近づいてまいりました。
もちろん自分で決めた満期なのですが、
今年はどのくらい貯まったのか楽しみにしている今日この頃です。
 
さて、本日のお話は・・・
先日、一人で散策した横浜山手西洋館巡りの続きです。参考→  ★★
本日は、【エリスマン邸】【山手234番館】をご紹介しましょう。
まずは【エリスマン邸】です。
こちらは、横浜の大きな生糸貿易商の支配人だったエリスマン氏の邸宅として建てられたものです。
初めはこの場所ではなく、別の場所にありました。移築・復元された年代は比較的新しい建物です。
 
こちらのテーマは・・・
<足元から変革した横濱オリエンタル>です。
とにかく、斬新なアイディアでビックリしました。
今まで西洋館でこんな演出は、見たことがありませんでした。
床に畳が敷いてありました。
しかも箱根の寄木細工のイメージで!

ホント足元からの変革だわっ!(笑)
 

窓にもこんな木の細工が施されていました。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場では、この畳を提案した出品者の方が自ら説明係りとなっていました。
これも珍しいことだと思います。
 

 
 

いつも、ひと休みする【エリスマン邸】内の喫茶室。
この日もアイスコーヒーで休憩です。
 
 
一息入れて・・・【エリスマン邸】の斜め向かいにある【山手234番館】へ・・・
 
こちらは、外国人向けの共同住宅として、昭和2年に建てられたものです。
建て方は左右対称の2階建です。
当時は、中央階段をはさんで、4つの区画に区切られたいたそうです。
2階は現在、貸出スペースになっています。
 
昨年、ブロ友さんたちがこちらで写真展を開きました。
この日は、この2階も展示スペースになっていました。
 

受付があった辺りは、こんな空間になっていましたよ!
 
 
テーマは・・・<ある洋館での暮らし>・・・ 
ごくごく当たり前な感じですね。
 
係りの方が他の見学者にこの洋館でのコンセプトを説明しているのを、
耳をダンボにして聴いていたメグおばちゃんでした。
アパートメントということを意識して聞いて下さいね!
 
 
1階の食卓を囲む6人の人々・・・おそらくみんな他人の関係です。 

 
その中から二人がいい仲になり、
やがてその二人だけ2階でお食事をする関係になったという設定だそうです。

 


発想は面白いのですが・・・
説明なしでは誰も「意味分かんねぇ~!」の世界ですね!(笑)
 
こちらを見学してどれだけの人がそれを理解したでしょうか?!
アーティストは1982年生まれの女性です。なかなか有望な方だそうですよ!

 
 
【エリスマン邸】【山手234番館】ともに斬新なアイディアでした。
やはり公募だからでしょうか?
目新しい空間コーディネートの代表のような2館でした。
 
残すところあと2館です。
そろそろ飽きてきましたか?!(汗)
 
それでもさらに続きます。
 
じゃ、今日はこのへんで・・・