11月 « 2010年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

♪世界のクリスマス2010★ベーリックホール

2010年 12月16日 19:19 (木)

ハイハ~イ!メグおばちゃんです。
今日は本格的な冬の寒さの横浜です。
雪でも降りそうなくらい空気が冷たいです。
 
さてさて、クリスマスが近づいてきました。
私のブログも本日は、横浜山手西洋館の世界のクリスマス、第四回目となりました。
 
【ブラフ18番館】  【外交官の家】  【山手68番館】 そして本日は、【ベーリックホール】です。
 
 
 

こちらのクリスマスのテーマは、
フィンランドのヨウル
<森と湖のクリスマスウェディング>だそうです。
 
まず、「ヨウルって何?」ってことになりますね!
この単語はフィンランド語で<クリスマス>を
表わす言葉のようです。
ネットで検索した結果です。
 
冬の精霊が舞い降りるフィンランドのクリスマス。
幻想的なその世界をイメージした作品のようです。
 
 
たまたま製作者の方のブログを見つけました。お時間のある方はクリックしてみてくださいね!→
 
 
 

ようこそ!ベーリックホールへ・・・
 
 
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
このダイニングルームを見学している時、
京都から来たという若いカップル。係りの方と話す声が写真を撮りながら私の耳に入ってきました。
 
若い男の子が「建物の表に掲げてある旗は何ですか?」と・・・
「え~っ!何ですか?ってあの旗が何なのか知らないんだ!」と私は思いました。
せめて、ヨーロッパのどこかの国くらいは知っていてほしかったなぁ~!
ゆとり教育の結果?でしょうか?
 
もちろんすべての若者が・・・なんてことは思ってはいませんよ。
でも、もしもゆとり教育世代がそのような傾向にあるのだとすれば・・・それは大変なこと!
 
我が家のことを思えば、
長男が小学生の頃は、世界の国名や国旗・日本の県庁所在地などクイズ形式で覚えていました。
しかし、4つ下の長女の時には、もうそのような学習はあまり積極的には行われていませんでした。
 
小さなことでも知らないと同じものを見ても、「感想や理解が変わってしまうのではないかなぁ~」
思った瞬間でした。
 
う~ん!おばちゃんクリスマスには関係ないことを語ってしまいました。(汗)
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎年可愛らしく飾られる子供部屋も応接室も今回はシンプルな感じで・・・
 

これはブリザードフラワーのローズです。
なかなか幻想的なムードを作り出していました。
 
 
ちょっと気になった飾りたち・・・
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

御来館ありがとうございました!それでは、どうぞ次の西洋館へ・・・
 
 
じゃ、今日はこのへんで・・・