11月 « 2008年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

★浄光明寺 (第二十五番札所)

2008年 12月18日 10:25 (木)

<伊豆・大島が見える寺>

こんにちは!メグおばちゃんです。
本日は、またまた鎌倉のお寺記事となります。


JR北鎌倉駅から歩き出し、東慶寺浄智寺と歩いて行った私たち夫婦の次なる目的地は・・・
【浄光明寺】

建長3年(1251年)鎌倉幕府第6代北条長時が真阿上人を迎えて開山したとされているお寺。
鎌倉では珍しい真言宗泉湧寺派。

こちらのお寺は、静かな住宅街に佇むお寺です。
以前訪れた時、「参拝客が誰もいない静かなお寺だなぁ!お庭がなかなか風情があるなぁ!」
こんな感想を持ち簡単に立ち去ってしまった私たち・・・

しかし、今回御朱印巡りをすることで、このお寺の真価を知ることに・・・



住宅街を抜けて、さあ、浄光明寺へ・・・



お天気がいい日でした。こちらは客殿です。→






紅葉が素晴らしいお庭です。
四季折々、
いろいろなお花が咲きます。

このお寺の本当の見どころは、裏山の中腹にある阿弥陀堂
空調設備により大切の保管されている御本尊・阿弥陀三尊像などなど・・・

私たちも以前この山の中腹を訪れたことがありましたが、
これまでは、朝早かったため、拝観したことがありませんでした。
朝10時よりの見学で、拝観料は200円。
今回は、拝観&ガイドさん付きでしっかりこのお寺を知ることが出来ました。

受付で料金を支払ったあと、その受付の方が御本尊の納められている収納庫を開けて下さいました。
境内には、私たち夫婦とその案内の男性だけ・・・

御本尊の阿弥陀三尊像は、鎌倉時代そのままの姿を見せてくれます。(撮影禁止です。)
仏像の衣は、土製であり大変珍しいものです。(老朽化を防ぐために空調管理されている。)
中国の影響を受けた造りとも言われているそうです。
案内の方は、詳しく歴史を説明して下さり、私たちの質問にも丁寧に答えて下さいました。
私たちは思う存分、「いにしえ」に思いを馳せたのでした!大満足!



こちらは、ダミー(失礼過ぎます。笑)です。
と言ってもこちらも古いものです。
境内の中心部の阿弥陀堂。
私たちは、始めこちらのものが御本尊かと
思いお参りしていました。(汗)
建物は、江戸時代のもの。
隙間風ピューピューです!


こちらの境内は、重要文化財、県や市の文化財が目白押し・・・
鶴岡八幡宮の神主代々のお墓などもあります。足利尊氏ゆかりのお寺でもあります。

裏山の境内を散策したあとに、私たちは山の頂上へ導かれて行きました。
鍵のかかった小さな木戸を開け、上へ上へ・・・

すると頂上にもこんな↓  ↓  ↓


← 綱引地蔵。
その昔、
由比ヶ浜の漁師の網にかかって引き揚げられたという
伝説のお地蔵様。

お地蔵様を見て、振り返ると・・・海が見えました。海の先には、伊豆・大島が・・・




よく見えるように・・・

長々と分かりにくいことをズラズラと並べてしまいましたが・・・

お決まりのさてさてこちらの御朱印はこちら ↓ ↓ ↓



紺色の作務衣を着た、超イケメンの若者が受け付けて下さいました。
こちらでは、90歳を超える名誉住職の方が書いているとガイドブックには書かれていました。
お目にかかりたかったぁ!

静かで趣があり、歴史を感じられる浄光明寺は私のお気に入りにランクイン!


自己満足全開記事にお付き合い下さいましてありがとうございました。

♪満期近づきました♪ 

2008年 12月17日 16:31 (水)






ハ~イ!メグおばちゃんです。
本日の横浜は、雨が降り寒い日となっております。

いきなりですが・・・本日の記事は、♪満期近づきました♪ということで、
今年の\500玉貯金の成果が判明する時期がやってきました。(一年満期です。)



昨年までは、銀婚式旅行のためにコツコツと何年か越しで約23万円を貯めました。
いざ、使う年を迎えてみるとお休みもなかなかとれず、近場の旅行となりましたが・・・

① 踊り子号で行く下田    (2月)・・・・・・\43,000
② 伊勢エビ祭り 南伊豆   (10月)・・・・・・\40,000
③ 2009御来光 横浜港(予約)(元旦)・・・・・・\16,000

余談ですが、このほかにこの預金からではありませんが、夏にも南伊豆に私たちは行っています。
年に3回、南伊豆・・・
我ながらどんだけ、伊豆が好きなのか!っていう感じです。←他にないのか?と自問自答!(笑)

ほんの少し利息がついて現在の残高は・・・¥129,855



重さだけは、今年もズッシリと・・・(笑)



今年は、25日あたりに貯金箱を開けてみようと思います。一人でニタニタしながらねっ!


もちろん、貯金箱を開けた時には、記事にします。

「いいなぁ!」とか「これっぽっちか!」とか「来年はやろう!」とか様々な思いで、
また記事を見てくれたら嬉しいなっ!



★浄智寺 (鎌倉五山 第4位)

2008年 12月16日 10:32 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです!
本日の横浜は快晴です。気持ちがいいです。絶好の洗濯日和となっています!

本日の記事は、またまた鎌倉です。

鎌倉三十三観音巡り東慶寺の続きです。

JR北鎌倉駅から紅葉真っ只中の円覚寺を横目に東慶寺を見学。そして浄智寺へ・・・

【浄智寺】

鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の三男である北条宗政(1253~1281)の菩提を弔うために、弘安6年(1283年)に創建された。開基は宗政の子北条師時としたが、当時師時は8歳であり、実際には宗政の夫人と兄北条時宗の創建である。
鎌倉五山・第4位。臨済宗円覚寺派。

ここで鎌倉五山という言葉を・・・
中国の禅宗からきた寺院格付け方式により、鎌倉幕府後期、力を持ち始めた寺院を幕府の管理下に置くために北条氏が取り入れた制度。住職を上位の寺院に昇進させるための人事権を幕府が持つことで、
寺院の統制と保護を行った。


さあ、浄智寺に入ってみましょう。





本堂はずーっと先にあります。右の写真は山門です。中国式だそうです。そんな感じに見えますねぇ!



本堂です。木造の如来像が
三体、祀られています。


お寺を取り仕切っている方は、50歳代でTBSプロデューサーから僧侶に転身された朝比奈宗泉さんです。
お父様は、元円覚寺の管長をされていた方だそうです。
ちなみに現在の御住職は、宗泉さんの息子さんです。【御朱印でめぐる鎌倉の古寺】より

このお寺のあちこちに見られる案内の張り紙は、宗泉さんの手書きだそうです。
大人から子供まで、分かるようにとの気持ちをこめて手書きで書いているとか?!
もちろん、一例をお見せします。(笑)  ←強引ですが・・・









もちろん、私も撫で撫で!これ以上元気になってどうする!(笑) ↑私のもう一つの家族もいました!


さてさてこちらの御朱印は・・・↓




字数が多いので、書くのが難しそうですね!
受付は女性でしたが、
書き手は、不明!
(下が切れているのは、処理ミスです。笑)

お庭の紅葉が綺麗で、小鳥のさえずりが印象的な浄智寺を後にした私たち夫婦は、
次なるお寺へとテクテク・・・

次回は感動の浄光妙寺となります。お時間ある方は、またどうぞ・・・

年金はどうなるんでしょう?

2008年 12月15日 17:41 (月)





こんばんわ!メグおばちゃんです。

今日は、横浜西社会保険事務所に行ってきました。

そう、年金特別便の不信な点を明らかにするために・・・

と言っても私の問題はたいしたことはないので、すぐに解決。

事務所は当然混んでいると想像していたのですが、あれっ?という感じでした。

待つこと覚悟で本を2冊も持参していましたが、読むこともなくすぐに順番が・・・

私の疑問点は、昭和61年4月前後、つまり制度が変わるあたりの記述でした。

まあ、自分の無知がよんだ不安だったようで・・・(笑)

私の横の席では、すでに年金受給が始まっている方が相談?というより文句を言いに来ていました。

その男性の方は、4月8月そして本日とここを訪れていたようです。

話声こそ静かでしたが、内容は社会保険庁を非難するものでした。

「これだけ書類を揃えてこちらは精っぱいやっているのに、いつになったらちゃんと支払われるんだ!」
「なかなか業務が進まなく・・・」
「いつまで生きられるか分からないのに、何回来ても同じこと。その回答では今日は帰れない!」
「・・・・・・・・12月が目途だったというだけですので・・・」

まあ、簡単に言えばこんな内容です。

男性の主張は、保険庁の言い訳はもう聞きたくない、何回も足を運ばせておいて、
何一つ進展がないことを怒っているようでした。

ニュースや新聞で見聞きすることを現実の声として聞きました。
今日は年金の支給日ですよね!
またまた、明日からたくさんの人がここを訪れることになるのかしら?なんて思いました。

私の件も、後々問題になるのではないかな?という危険を含んでいるような感じを受けました。
昭和61年4月前後に結婚したり、転職された方はよーく注意する必要があるような・・・

年金問題・・・・・やっぱりこの先も不安だらけ・・・ですね!


じゃ、今日はこのへんで・・・



食事処「阿木」・・・(神奈川・三浦)

2008年 12月14日 18:56 (日)

12月14日(日曜日)、神奈川県三浦市の三崎港にお買いものに行った私たち二人・・・

そろそろお腹が空いたということで・・・

久しぶりにお気に入りのお食事処「阿木」さんを訪れました。

家庭的な雰囲気で美味しいマグロ料理を食べさせてくれるお店です。

本日のメグおばちゃんのチョイスは・・・

小鉢丼
こちらのメニューは、好きな小鉢(小どんぶり)を2種類選べるものなんです。
まぐろの漬丼、まぐろ卵とじ丼、まぐろカルビ丼、地魚丼、お楽しみ丼・・・

私はカルビ丼とお楽しみ丼を選びました。
選ぶ時にお店の方に
「地魚丼とお楽しみ丼ってどう違うんですか?」
「地魚は地魚、お楽しみ丼は言わな~い!(笑)」
そりゃそうよねぇ!お楽しみの意味がなくなっちゃいますからねっ!(笑)
お店の方が小さな声でどちらにしても今日はお魚だからと・・・
お楽しみ丼がもし嫌いなものだったらとも思いましたが、思い切って・・・「お楽しみ丼!」


まずは、まぐろユッケから・・・


使われている部位は、まぐろの目のまわりの身です。へぇ~!↑  ↑  ↑



夫J氏は、中トロ定食¥1600也(ご飯はおかわり出来ます。)↓  ↓  ↓




メグおばちゃんの小鉢丼¥1000也 (まぐろカルビ丼とお楽しみ丼)↓  ↓  ↓



カルビは濃い目の甘辛タレにかすかにピリッと・・・!レタスと合う味付けでした。
ゴマの味も効いていました。
お楽しみは、キンメのお刺身でした。よかったです。嫌いなお魚でなくて・・・(笑)

本日もメグおばちゃん、満足!


本日の三崎

2008年 12月14日 17:58 (日)

こんばんわ!メグおばちゃんです。

今日は午前中、雨だった神奈川県です。
しかし、悪天候にもかかわらず、お出かけしてきたお気楽夫婦です。

神奈川県は三浦市・三崎港に久しぶりにお買い物に行ってきました。

さすがに、三崎も雨と強風で空いていました。
かろうじて、バスツアーのお客さんがいたくらいかな?!
遊覧船「にじいろおさかな号」もさびしそうに港に停泊していました。



うらりにて



三崎の市場2階から・・・


お買いものを終え、さあ!お食事です。書庫「食いしん坊」に続く・・・

★東慶寺 (第三十二番札所)

2008年 12月13日 10:21 (土)

お天気が下り坂の本日の横浜です。


先週の日曜日、紅葉真っ盛りの鎌倉をメグおばちゃんは変わり映えもしない?夫J氏と歩いてきました。
もちろん、御朱印をいただきながら・・・

【東慶寺】

弘安8年(1285年)、鎌倉幕府・執権<北条時宗>の夫人が建てた尼寺。
時宗が亡くなると夫人は、覚山尼(かくざんに)としてこのお寺へ。

難しい歴史より何より・・・
「縁切り寺」・「駆け込み寺」として有名な所です!

未亡人・覚山尼の生きた時代は、封建社会の真っ只中。離婚なんてとんでもな~い!時代。
えら~い人の夫人だった彼女は、社会における女性の地位の低さのことなどツユ知らず・・・
尼僧となった覚山尼は、女性の地位の低さを憂慮するようになる。

当時は、男性からの離婚はできた社会。一方、女性はひたすら耐えるだけ・・・
そこで覚山尼は、このお寺を女性救済の地にすることを考えたのだった。
ここに駆け込み、三年間修業すれば離婚できるという寺法(寺の法律)を考え、成立させた。

その後、全国の尼寺にこの動きが広がっていったが、
江戸時代には、幕府の統制によりこの東慶寺と満徳寺(群馬)の二つだけが、
認められていた。

この北鎌倉の東慶寺にも女性が殺到し、門前の宿で順番待ち・・・
大盛況だった。
考えてみれば、不本意な婚姻は現代よりも多かったはずですものねぇ!

今回はこんな有名なお寺を訪ねたメグおばちゃん。
さあ、どんな様子でしょうか?!


階段の上がお寺の入口です。小さく写っているのは、メグおばちゃん!様子を見ています。





朝日に光る紅葉。 8時半ピッタリの開門。 一番乗りだぁ~!一番はなんでも気持ちがいい!




綺麗な境内です。お掃除の方も気持ちよく「おはようございます。」と声掛けして下さいました。
お掃除しながら、庭木の手入れもされているようで、腰にはハサミや園芸用小道具が・・・
お寺敷地の奥は深く、裏山へと続きます。裏山は、墓地になっていました。
ここに何十人、何百人、何千人の女性が駆け込んだのでしょうか?!






静かに時間が過ぎていきました。落ち着きのあるお寺で癒されました。

さてさてこちらの御朱印は・・・ ←お決まりです。(笑)


繊細でバランスのいい文字ですね!
こちらでは、奥の間で書いてきたものを
渡されるので、書き手は不明。



御朱印もいただき、次のお寺を目指します。
開門時は、数名の参拝客でしたが、私たちがここを立ち去る頃にはどぉ~っと!と人の波・・・

紅葉を求めて鎌倉散策!思いは誰も皆、同じ!急げぇ~!次のお寺を目指して!




参考にした本:<知識ゼロからのお寺と仏像入門> 幻冬舎
        <御朱印でめぐる 鎌倉の古寺>  ダイヤモンド社

♥浅田真央ファン!

2008年 12月12日 17:10 (金)

こんばんわ!メグおばちゃんです!
なんだかにわかに忙しくなりつつある今日この頃です。
本日の更新もこんな時間になりました。

今日の話題は・・・

ウインタースポーツのシーズンがやってきました。スキーにスノボー・・・
ある意味、ラグビーやサッカーも・・・冬に大きな大会がありますからね!
あなたは、何をやりますか?何を観戦しますか?

今晩、フィギュアスケートの<グランプリファイナル・世界一決定戦>があります。
観ますよぉ!楽しみです!

私は渡部絵美、伊藤みどりの時代から、フィギュアが好きで観ていました。
夫J氏は、まったく興味がありませんでした。そのため少しフィギュア観戦から遠ざかっていました。


しかし・・・
最近は、スケート番組をよく観るようになりましたよ!(嬉)

その訳は・・・

夫J氏が、浅田真央ちゃんのファンだからで~す!
好きな女優さんやタレントなどのことはほとんど語ったことがないJ氏ですが、
真央ちゃんだけは・・・(爆)

彼女が不調だと聞くと、「心配だなぁ~!」と・・・
「真央ちゃんの参加する大会のチケットはどうやって取るのかな?」
いつも、真央ちゃんを絶賛!大絶賛!


まあ、実力・人気ともにある真央ちゃんに興味を持つのもそんなに不思議なことではないかもぉ~!

注意) J氏には、へんてこな趣味はありません!たぶん・・・(笑)

じゃ、今日はこのへんで・・・



【世界のクリスマス2008】最終回

2008年 12月11日 17:17 (木)

こんばんわ!メグおばちゃんです。

長々と記事にしてきた横浜・山手西洋館【世界のクリスマス2008】巡りも
いよいよ最終回となりました。
去年は、娘と今年は一人で歩いた西洋館巡り。
出かけるまでは、さびしいなぁ!と思っていましたが、
歩き出すと一人もなかなかいいものでした。

残すところあと二つの西洋館となりました。
それでは、始めましょう。

港の見える丘公園の中にあるイギリス館です。

★イギリス館★


こちらのテーマは、ようこそ我が家へ 笑顔あふれるクリスマスです。
このイギリス館の一階では、いつも何かしらのコンサートが開かれています。
縁もゆかりもない人は入れないようですが・・・(笑)
去年のデコレーションも可愛いものでしたが、今年もなかなかでした。








イギリスの伝統的なクリスマスカラー、ビクトリアン・レッドを使ったテーブルコーディネートです。







このイギリス館で、私が写真を撮っているとある御婦人に、
「写真はダメだってよ!」と言われました。
たしか商業写真に使用する場合は、申し出ることになっていたと思ったのですが・・・

そんなとき、ある見知らぬ女性と私は、顔を見合わせたのでした。

その人は、一眼レフのカメラを持ち、この日、朝からずっと私と同じコースを巡っていた方でした。
「大丈夫ですよねぇ!」「私は去年も撮りましたよ!」とちょっとした会話を交わしたのでした。

その後、その方とこのイギリス館で約30分くらい立ち話をするようになるとは・・・
カメラのこと、このイベントのこと・・・初めてなのに話がとぎれませんでした。(笑)

そしてその方もブロガーさんだったことが分かり、お互いのブログを紹介したりして・・・
今では私、毎日のようにブログ(他社)に出没するようになっています。(笑)
縁があったのかもしれません。

たまたま、ブラフ18番館でカメラを持つ姿が印象的だったので、
「平日におばちゃんに交じって若い女性も・・・」みたいなことが書けるかもと思い、
こんな写真を撮っていました。

←こちらが、ジャスミンさんです。
無断で写真載せてごめんなさい!
「また、どこかでお会いするかもしれませんね!」と言いながら、
私たちは別れました。
ジャスミンさん!楽しかったです!私・・・



★山手111番館★

テーマは、ロマンティックノエル、フランスのクリスマス。



館内に入ると,いきなり吹き抜けのホールがあります。 ↑





こんな展示もありました。↑ ↑ ↑
女の子の夢のようなお部屋です。元女の子もワクワクします。(笑)










今回は、この山手111番館が一番好きでした!

私の一人で行く、山手西洋館【世界のクリスマス2008】巡りはこれで終わりです。
綺麗な物を見て、ちょっとした出会いもあり・・・

家にこもっていては経験できません!
これからもメグおばちゃんはウロウロしま~す!

記事は長いですが、半日あれば見学できるコースです。
12月25日まで開催されていますので、興味のある方はぜひどうぞ・・・

全館巡って私の感想は・・・
去年の【世界のクリスマス】の方が豪華だったぁ~!

やはり、ここにも不況の波が・・・縮小方向?そんな訳ないかっ!(笑)


★長い記事にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

【世界のクリスマス2008】④

2008年 12月10日 19:11 (水)

こんばんわ!
本日2回目の投稿です!

またまた、しつこいですが【世界のクリスマス2008】の続きの記事です!
こちらの記事の続きとなります。→【世界のクリスマス2008】③


★山手234番館★

こちらの建物は、外国人向けアパートメントとして使われていたものです。

今回のこちらのテーマは・・・

南半球、真夏のクリスマスです。
クリスマスと言えば、イメージは雪が降る寒い国。
でも地球は丸いのですから、当然南半球にだって・・・

南アフリカ共和国大使館、後援・協力の南半球のクリスマス~!

様々な文化を持つ、この国では、約80%の人々がクリスチャンだそうです。
クリスマスには、教会のミサへ行くことがとても大切な習慣となっているそうです。
また、クリスマスのプレゼント交換や良い子にはパパ・サンタが・・・なんてことも
行われているそうです。(館内 説明書きより)

なんとなく寒くないクリスマスは想像しにくかった私ですが、
キリストの誕生を祝う習慣は、どこの国も同じなんだなぁ!と今更ながら思いました。











12月6日の記事で載せた動画は、この南アフリカのクリスマスでした。
こちら→http://blogs.yahoo.co.jp/mgmg3422/47410551.html

温かい家族のクリスマスを感じました。こんなの好きかな?!!!