10月 « 2008年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

天園ハイキングコース!(鎌倉)

2008年 11月10日 13:39 (月)

こんにちは!メグおばちゃんです!
本日の横浜は、曇り空で寒いでーす!近所の木々もほんの少し色づき始めてきました!

今日のお話は・・・


昨日、またまたハイキングに行ってきました。いつもの相棒、夫J氏と・・・飽きもせず・・・笑
どんよりとした雲、今にも雨が降り出しそうでしたが、思い切って鎌倉へGO!

9時前に最寄駅よりを出発。電車に揺られて鎌倉駅に9時半頃だったでしょうか?到着!

これから鎌倉散策をしようとする観光客でそろそろ賑わい始めていました。

小町通りを通り、鶴岡八幡宮方向へ・・・

八幡宮の近くに行くまで気づきませんでしたが、もうすぐ七五三ですね!
この日もたくさんの可愛らしい紳士・淑女が、正装した両親やおじいちゃま、おばあちゃまといっしょでした。

八幡宮のそんな光景を横目に、私たちは大塔宮へ・・・
ここにもまたまた可愛い紳士・淑女が・・・

なんだか忘れかけていたなぁ!こんな光景・・・なんて思いながら、ハイキングコースヘ

鎌倉駅からこの大塔宮まで歩くこと約20分。さらに10分ほど山の方へ進むと
ハイキングコース入口に着きます。

ハイキングをする前に、私たちが参考にしたガイドブックによるとあるお寺を見学することになっていました。




【覚園寺】





こちらのお寺は初体験!
1218年(建保6)に北条義時が夢のお告げにより建立した大蔵薬師堂をもとに、1296年(応永4)に北条貞時が創建。薬師堂、地蔵堂、愛染堂など見どころが多い。決められた時間に境内を案内してくれる。
鎌倉TODAYのHPより


↓この写真の後ろ姿の方がこのお寺の案内人となります。




私たちが、覚園寺の起源が書かれている案内板(上の写真 左)を読んでいると
こちらのこの男性が声をかけて下さいました。

   男性  「拝観ですか?お参りですか?」

私たちは問われた意味が分からず、とりあえず「拝観です。」と答えました。

   男性  「それでは、10時から始めますのでどうぞこちらへ・・・」

その男性に導かれて境内に進みました。雰囲気のあるいいお寺でした。

私たちは、事の次第も分からず、愛染堂というお堂の前に連れて行かれました。(写真はありません。)

そこには、私たちのほか二組の年配のご夫婦が・・・

   男性  「さあ、お時間ですので始めましょう。・・・・・・・・・・」

なんだか巻き込まれちゃったぁという感じでした。

拝観料も払ってないのに、どうしよう?このままこんないいお話をいつまで聞かせてくれるの?

このお寺のシステムを理解しないまま・・・(汗)

その案内人の方は、とても静かにまたほどほどに砕けて、引き込まれるような口調でした。

愛染堂に安置されている由緒ある仏像のお話を分かりやすく説明して下さいました。

5分くらい話したところで・・・

   男性 「この愛染堂の奥に本堂があります。そこのご案内に約50分。写真撮影はできません。」


えーっ!50分!写真は仕方ないにしても50分は困るぅー!

この日の私たちは歩く目的でこのハイキングに来ているわけですから・・・(汗)

   男性  「このことをご理解していただけましたら、拝観料をあちらでお支払ください。」

ここまで来て、先ほど入口で「拝観ですか?お参りですか?」と問われた意味が分かったのでした。

このお寺の真価は、もっと奥に・・・

この愛染堂の奥の「本堂」や「由緒ある建造物」観てみたいです。説明も聞きたかったです。

木々に包みこまれるように存在する覚園寺でした。

改めてお話を伺いに訪れたいと思いました。

とても残念な思いを残して、その古刹を後にした私たちでした。

さあ、いよいよ鎌倉アルプス稜線歩きの天園ハイキングコースへ・・・











          急な上り坂だわぁー!↑  ↑  ↑

前途多難?足元も悪く、薄暗い森が私たちを待ち受けてるような・・・

この続きはまた・・・


★覚園寺を知りたい方は・・・http://www.treep.jp/kamakura/cate_temples/kakuonji.html#m3

★参考にしたガイドブック・・【大人の遠足BOOK 東関東ー21】JTBパブリッシング