09月 « 2008年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

南伊豆の下流(したる)って?

2008年 10月17日 16:38 (金)

こんにちは!

今週の火曜日から、しつこく銀婚式旅行の報告を続けるメグおばちゃんです。(汗)

今日は、10月12日(日曜日)の宿泊地に選んだ、南伊豆の下流(したる)という所を少しお話したいと思います。

今年の8月、お盆休みの時にも私たちはこの地を訪れています。

そしてまたその2が月後の10月またこの下流(したる)に来ました。

ガイドブックにも載っていない、そしてコンビニもスーパーもない、あるのは海だけのこの下流(したる)です。

なぜ、心ひかれるのか言葉ではうまく説明ができません。なぜかまた行きたいと思う所です。

静かな静かな所です。

この地域のおばあさんとお話することが出来ました。

今は、雑貨屋さんを営んでいますが、昔は海女さんもしていたこと、そのお店がおばあさんで4代目ということ、

少子化でお孫さんの学校が統合され遠くなってしまうこと・・・

まるで以前からの知り合いのように、親しげにお話してくださいました。

また、11月にはこちらの地区でお祭りがあるようで、近くの神社では夜遅くまで、

太鼓や笛の練習をしていました。(比較的穏やかなものでした。)

都会ではありえませんねぇ!地域に聞こえるほどの音量での夜の練習・・・

皆さん、忙しくされているのでしょう。そんな事情は了解済みなのでしょうねぇ!

地域の方々は、よく協力してそのお祭りを守っていこうとしてることを感じました。

こんな下流(したる)の風景を・・・


観光ではなく、生活の中に
息づくなまこ壁の蔵です。


こんな風景もあります。


正面は海です!





南伊豆はアロエの生産地で、あちこちにこんなところが・・・



海から約15分も歩けばもう行き止まりです。



いろいろな鳥のさえずりも聞え、とても癒された私たちでした。


静かなムードで、下流(したる)を語ってきましたが、

やはりこちらは、漁港です。漁港と言えば岸壁・・・ムフフッ・・・



やっぱり、ちょこっと釣りをやりましたぁ!


しかし、こちらには8月もそうでしたが、あまり大きなお魚はいないようです。



こんなのばかりでした!(笑)

でも、たまにはこんなものもいるようで・・・見えるかな?さあ、どうぞ・・・






じゃ、この続きはまた!(←まだやるのぉー?!)



【なまこ壁】
民家・土蔵などの外壁の1つの様式で、明治時代から昭和初期まで各地で見うけられた。

壁面に四角い平瓦を並べて貼り、〝めじ〟と呼ばれるその継ぎ目に漆喰※をかまぼこ型に盛り上げて塗ってある点が特色。
本来は防火、保温、防湿などを目的として造られたものである。

古くから松崎一帯と下田周辺にかけて、なまこ壁の家や蔵がかなり多く目立ったが、昭和30年代あたりを境として大幅に減り、今ではほんのわずかを残すのみとなった。
しかし、日本的な独特の美しさと有効性がまた改めて見なおされつつある。

    西伊豆松崎町役場HPより