08月 « 2008年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

TOKYOぶらり散歩★(港区) ②

2008年 09月25日 16:08 (木)

こんにちは!本日もいいお天気の横浜です。

今日の記事は、昨日の続きとなります。昨日の記事→ http://blogs.yahoo.co.jp/mgmg3422/44553759.html

泉岳寺を後にした私たち夫婦は国道15号線沿いにさらに歩きます。

次の篤姫ゆかりの地は、田町駅近くです。これが泉岳寺から結構な距離がありました。

涼しければよかったのですが、午後から雨が降るかもしれないという日で蒸し暑いこと・・・

それでも・・・

フゥー!

JR田町駅に着きました。

ポイントを見逃してしまうかもということで注意深く歩きました。

駅を過ぎても道沿いにはビルばかりでした。「本当にゆかりの地があるのだろうか?」と・・・

そうこうするうちに、一人の男性立ち止まって、何か書いてあるものを読んでいるようでした。

あそこに間違いない!確信しました。

田町藩邸




こちらが勝海舟と西郷隆盛が江戸城・無血開城について話し合いをした場所だそうです。
当時はこの場所の近くまで海がせまり、薩摩から送られてくるお米などが陸揚げされていたそうです。





現在は、当時の面影を残すものは何もなく、ビルに囲まれたところにこの碑があるだけです。(港区芝5丁目)


ここで国道15号線とはお別れです。
横断歩道を渡り、日比谷通りをまっすぐ進みます。
空の様子が怪しくなったのはこの頃です。急ぎ足です


道路左側にあるNEC本社の大きな大きなビルにびっくりしながら、進みます。(さすが大企業!立派でした。)
しかし、次なるポイントはこの近くです。

あれーっ!


またまた、ポイントを通り過ぎたみたい・・・


「あそこに見えるのが怪しい!」戻りましたよ!確かめに・・・

地図があっても、有効利用できない夫婦です。(いつもです!笑)
やはりそうでした。NECのビルの横にそれはありました。

薩摩屋敷跡の碑





篤姫が江戸で最初に住んだ場所だそうです。
江戸時代初期から薩摩藩のお屋敷で慶応3年(1867)明治維新のは発端とも言える
薩摩屋敷焼打ち事件があった地。(NPO法人港区観光まちづくり支援協会 資料より)

歴史的には重要なのに、ちょっとさびしい感じ・・・

このバス停の真ん前です。
芝五丁目です。ちぃバスの停留所です。個人的には、「ちぃバス」って名前がお気に入りです。
(港区コミュニティバスのことです。小さいバスです。))
六本木ヒルズ・麻布十番や青山など
いいところを走っているようです。


薩摩屋敷跡をチェックしたころから、雨がポツポツ・・・
お天気は午後までもつと思い込んでいたお気楽夫婦。エイ!このまま進んでしまえー!


小走りに次のポイントを探しました。これまた見つけにくいところにありました。

四国町と薩摩屋敷の碑


当時、薩摩藩の屋敷はかなり広大で東西800メートル南北300メートルだったそうです。
つまり先ほどのNECのビルからこちらまでの一帯がお屋敷だというわけです。
今では、ホテルや会社のビルなどに囲まれてこちらも当時の面影を残すところはまったくありませんでした。



「あれじゃない?」「これだ!これだ!」
このマークが薩摩島津家・宗家の家紋であることは、
後で思い出しました。
大河ドラマで何回も見ていたのに・・・(泣)







このとき、雨が激しくなり近くにあるホテルの前の大きな木の下で雨宿り・・・

そのホテルにはティールームもあり、メグおばちゃん「入ってお茶でも飲んで様子みる?」とJ氏に・・・

「すぐ止むから様子みながら先に行こう!」


いやーん!休みたいのに・・・J氏のケチ!



と言う訳で、頭にタオルをのせコンビニを目指しました。
どこにでもあるはずのコンビニがこんな時に限ってなーい!(泣)

やっと見つけてビニール傘を二本買いました。しかし・・・



コンビニを出ると、雨は止んでいました。


何これ?って感じですが、私はよくあります。こんなこと・・・
思い切り勘が悪いです。


このあと、買った傘は邪魔物となったのでした。


今日も長話でした。続きはまた・・・