06月 « 2008年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

忍野村から山中湖へ・・・

2008年 07月15日 11:46 (火)

こんにちは!メグおばちゃんです!
今日は昨日の記事の続きです。→http://blogs.yahoo.co.jp/mgmg3422/41554545.html

私の誕生日記念として、「富士山を観にいこう!」ということから始まった、この日帰りドライブです。
朝7時に現地に到着して、忍野八海の湧水池の七つをほぼ一時間で回った私たち夫婦です。
最後の一つは、榛の木材民族資料館」(私有地)の中にある底抜池です。
こちらは、8時開門なので丁度いい時間でした。
忍野ハ海のほとんどは見学無料ですが、ここだけは有料です。有料だけあって富士山の景色もいいです。電線も写りこみませんので助かります。















茅葺きの家屋の中には、昔家庭で使われていたものが展示してありました。


そして私がこの忍野村で一つ気になるものがありました。
お店の軒下や民家の軒下に・・・





ヒイチーというものでこの地で行われる道祖神祭りに関わる飾りらしいんです。
初めて見ました。魔除けや厄除けとして飾られているものでした。
生地は各家庭で様々なものが使われていました。

地方に行くと知らない風習などに出会えることが、旅の楽しみでもありますね!

到着時には、見えていた富士山も時間を追うごとに雲がかかって・・・・・・

9時にこの地を離れる頃には、雲に覆われてしまった富士山でした。
お天気はバッチリなのに・・・

忍野ハ海に到着したころに閉まっていたお土産屋さんも開店して、
お客さんもだいぶ増えてきていました。





湧水池見物を終え、私たちは次の目的地である思い出の山中湖へ・・・

忍野村から約20分くらいでしょうか、山中湖に到着!

今から約22年前、私たちはこの湖を訪れました。
というとロマンチックに聞こえますが、
家族3人での初めての旅行の地だったのです。
あの売れてない芸能人の娘は、この世に影も形もない頃のことです。
メンバーは夫J氏と息子と私。息子は人生初の旅行でした。一歳半でした。

私たち夫婦は若い頃から、いろいろなところへ出かけるのが好きでした。
初めての育児でちょっと疲れていた私・・・
この機会をすごくすごく楽しみしていたのでした。
ところが旅行前日、息子が熱を出して、その旅行が中止になるかも・・・(汗)
その時の私の発言は今でもJ氏に指摘されるんです。
一歳半の息子に
「なんでよりによってこんな時に熱を出すのよぉ~!」
ひどいですねぇ~!私・・・

それでも旅行当日は彼の熱も下がり、予約をしていたこともあり決行です!
その当時泊まった旅館も顕在なようでデカデカと看板が掲げられていました。
こんな思い出の山中湖です。



着いたよぉ~!
思い出の山中湖~~~!
何か乗り物乗りたいよぉ~!
遊覧船?足こぎボート?
モーターボート?



やっぱり手漕ぎでしょ!(笑)
奥様は日傘をさして、優雅に船遊び!
J氏は汗だくで船頭さん!
う~ん!男はつらいよっ!




あ~あっ!雲に隠れてしまった
日本一の富士山です!




白鳥さんともお友達!


山中湖は水上スキーやバス釣り、遊覧船やスワン型の足漕ぎボートなどで
たくさんの人々が遊んでいます。

ボートは一時間借りていました。

私の船頭さんは、途中休みながらも頑張って漕いでおりました。
「わぁ~!遠くからモーターボートがこっちに向かってるぅ~!方向変えて~~~!」
「遊覧船がこっちに来るよぉ~」
かなり私に振り回されたJ氏です。さぞかしお疲れだったでしょう。
さらには、自分たちが借りたボート屋さんの位置がわからなくなり、2回ほど違った船着場へ・・・
目印を覚えていたはずなのに、だいぶ流されていました。湖とは言え、侮れないです。(笑)

こんな感じで楽しい?(私は・・・)ひとときを過ごした、思い出の山中湖でした。


帰りは当初の予定では御殿場方面で温泉に入って・・・なんて言っていましたが、
ボートで疲れたせいか予定を変更して道志川経由で帰ることにしました。
仕方ないね!ボート頑張ったもんね!(笑)





帰りに寄った水源の森、こちらは改めて来ようということで・・・

メグおばちゃん生誕50周年記念♡日帰りドライブ日記に
長いことお付き合い下さいましてありがとうございました。


今日はこのへんで失礼させていただきます。    食べ物編はまた後日!じゃ、またね!